引きこもり生活の定着は止まらない

 皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は引きこもり生活の社会福祉向上力が改めて確認出来た年ですが、年が変わってもその力強さは益々増大していくばかり。もう、止めることは出来ません。いえ、止めてはいけません。COVID-19が広まってしまいますから。

ウイルス対策は、引きこもり生活で。
引きこもり生活で、地球をもっとキレイに。

本年も引きこもり生活の定着と発展を目指して、よろしくお願いいたします。

ひっそりと暮らす人々、増えています

 COVID-19パンデミックが「消費社会の構造改革」を加速させてしまった今、ひっそりと暮らす事の重要性に目覚めてしまった人々が増えています。

Q&Aサイトでは「ひっそりと目立たず暮らす方法は無いか」といった質問が増え、引きこもり生活ブームが落ち着き始めたようでいて、しっかりとひっそりと暮らす事の重要性を説いたサイトが増えている事実を確認しています。

「いい加減、目覚めてしまった」というわけで、ひっそり暮らしに欠かせないのが、引きこもり生活。いつもの暮らしを質的に向上させるための策として、引きこもり生活はこれからもひっそりと、それでいて強固な支持を集めていくことでしょう。

続けましょう、引きこもり生活。

あなたがひっそりと暮らすことで、空気がきれいになるのだから。

引きこもり生活が新型コロナウイルスの感染拡大抑止に貢献した!

 また、引きこもり生活(者)が社会貢献を実現しました。

「 鈴木知事は緊急事態宣言を出したことで爆発的な患者の増加を防ぎ、医療崩壊を防いだほか、感染防止に関する必要な情報が蓄積されたことで、新型コロナと戦う態勢がとれるようになったと評価しました。 」

鈴木知事「緊急事態宣言」3月19日で終了 次は新ステージ「道民一丸」で”新型コロナ”に立ち向かう – 北海道ニュースUHB

https://uhb.jp/news/single.html?id=11472

「爆発的な感染拡大と医療崩壊を回避できた」として予定通り19日で終えると表明した。

道内「緊急事態」終了 知事、経済回復へ配慮 新型コロナ:北海道新聞 どうしん電子版

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/403712

緊急辞退宣言の受け入れに必要な引きこもり生活を行うことで、新型コロナウイルスの感染者増加を防ぎ、医療崩壊を防げたのです。
このことで、今や真の持続可能型生活様式にまで発展したと言ってもいいのではないのでしょうか。

The Real Sustainable Lifestyle.
引きこもり生活者が打ち立てた、新たな偉業です。

本当に必要な物だけが残っていく

 新型コロナウイルスの感染を抑制するために皆が引きこもっている。
一億総引きこもり状態で経済の流れが止まってしまうと嘆く者もいるけど、本当に必要な物なら途絶えることがあってはならない物であるはず。仕事も遊びも私生活も自宅で済ませることが出来る物で溢れている御時世、引きこもらずにやらなければならないことは僅かだ。
もう、部屋の中に引きこもっているから何も出来ないという言い訳は成立しない。

今すぐ、部屋の中で出来ることを始めよう。

きっかけは、貴方の目の前にある、スクリーンが教えてくれるのだから……

引きこもり生活は誰もが愉しめる暮らしです

 気が付けば今年もあと僅か。引きこもりに対して悪意を持つ者達の嫌がらせは相変わらず続いているけど、味方も増えました。

まずは、バブル期入社組の大量解雇開始。バブル経済全盛期に社会人となった方々は既にバブル経済崩壊時に洗礼を受けている人達も多いので今更な感じもするけど、もう五十代になった辺りなら資産作りもバッチリ出来ていて、肩の荷も下りたということで早期リタイアに挑戦される方も多いでしょう。その選択肢に引きこもり生活はぴったりです。まさか、資産作りをやっていなくてサイレントテロに走ったりはしないと思いたいけど、そんな人、いますか?w

“引きこもり生活は誰もが愉しめる暮らしです” の続きを読む