ひきこもりとセルフネグレクトの関係

 テレビや5ちゃんねる辺りで出てくる「ひきこもり」の部屋は、くっさ~いゴミ屋敷の風景が映し出されたりします。

例えば、これ。

引き出し屋の有名ブランド、ワンステップスクール

 伝説となった有名引き出し屋、ワンステップスクール某です。以前にも書いたけど、40代のヒキが母親亡き後自宅をゴミ屋敷にしてものだから父親が遁走してしまい、それでも自宅に未練のある父親が引き出し屋へヒキ息子の「退治を依頼」する内容。これは、「母親がこの世を去った頃からゴミ屋敷が始まった」という事実が重要。つまりヒキ息子は父親のことを嫌っていると考えていいでしょう。大嫌いな父親に対してゴミの砦を作ってひきこもるという「ベルリンの壁」(死語)状態。でもこれって、単なるセルフネグレクト。それを実践するためにゴミ屋敷にひきこもるという方法論を実践しただけなんだよね。

ひきこもらないセルフネグレクトの方が多くないか

 で、次はセルフネグレクトを取り上げた動画。

セルフネグレクト【報道特集】

 この動画の1分14秒辺りから「借り主は3年前から家賃を滞納し失踪」とあるようにゴミ屋敷が嫌で部屋から遁走しています。彼は全然ひきこもっていません。引夫が昔居た職場でもゴミ屋敷に住んでいる人がいて、部屋のゴミが溢れそうになって住みづらくなる度に転居を繰り返す人がいましたが、小遣いがもらえるからと転居の手伝いをやったという職場の人達は異口同音に「いらない物は捨てるなりメ○カリで売るなりすればいいのに面倒くさいって、俺らに小遣いやるよりそっちの方がお得なのでは?小遣いに釣られて手伝ったけど、やっぱり理解出来ない」と。

 ひきこもらないセルフネグレクトな人達。言い換えれば、ひきこもりは必ずしもセルフネグレクトであるとは限らないのです。

自暴自棄とは無縁な、今を生きる引きこもり達

 そして、現在はライフスタイルのメインストリームとなった引きこもり生活。所謂「ヒキコモリスト達」も増えて、賢い生活様式の一方法論としてすっかり定着しました。そうなると引き出し屋などのひきこもり支援連中にとって「商売あがったり」になってしまうので、ヒキコモリスト達への嫌がらせが相次いだりもしましたが、連中のビジネスモデルが次々と世間に晒されることになってからは、地下潜伏状態になったり宗教団体カルト組織や金に汚い議員達に泣き付くようになっています。

自民ひきこもりPTが菅首相に提言案を提出 金になるんだろうなw

 でも今を生きる引きこもり達は、何処吹く風。自宅の快適な暮らし向上と大気汚染抑制などのよりよい社会づくりに貢献し続けているのです。

やっぱり「ひきこもり支援」は「ブラック労働支援」だった

 ひきこもり支援を謳った団体が大抵やっていることと言えば、「就労支援」。この、ヒキ脱出は事業者の被雇用者になることが前提となっていることに筆者は疑問を感じていました。もしかして、ヒキ達をブラック企業へ雇用させることが目的なのでは無いのか。悪徳職業紹介業者と組んでヒキこそ行きたくも無い、ヒキで無い者達も当然選ぶ訳の無い超絶ブラック企業へ「タマを送り込む」ことがひきこもり支援の本質なのではないのか。その疑いが晴れる情報を手に入れました。

Google口コミに、ある公的機関についての投稿があったので、紹介します。

2015年頃から1年4ヶ月働いたのに、就職のしゅの字の気配すらなく奴隷のように働かされた。軽作業で、夏の炎天下で野外労働もあったが、給料は雀の涙。おまけに管理者らは上から目線で嫌なことばかり言って、こちらの気勢を削ぐ。家の方でも父の認知症が進行し、母はヒステリーを起こしまくった。母が強制的に入所させたから全て母が悪いのだが。こういう事業所は金にニオイがしてくると常に利用者に無理を言ってくる。ここに通っていた時期のことは思い出したくない。就職の助けにもならないので、行かないほうがいい。(星一つの評価)

私も相談や話を聞いてもらっただけど、
何も助けにならない
おまけに担当者は何もやってないのに、
就職が決まった事を報告する書類にサインして
提出させ、あげくは自宅に返信用封筒を
送り付けて、雇用契約書の写しを送って欲しいと
きた。なんの為にそこまでしなければ
ならないのか納得出来なかった。
あんまり、頼りたくないわ。(当然評価は星一つ)

 簡単に言えば、引き出し屋から暴力性を抜き取ったようなものでしょうか。でも一つ目の「給料は雀の涙」って具体定期な金額はいくらなのでしょうか。もしかして、最低賃金すらもらえていないのでしょうか。公的機関絡みだから流石にそこまで酷くはないと思いますが、「働いたら負け」状態だとやっぱり敬遠したいですよね。

 これらを見ても、やっぱりひきこもり支援って「営利事業」なんだなぁ、と思いました。だって参入障壁が低くて、一応は政府も力を入れているらしい事業だから助成金などももらえるし、もしかして俺でも「ひきこもり愛」を謳った独自の支援策ぐらい思いつくからそれをネタにしてがっぽり稼げそうな気がしてきましたよw ……って、かつて流行って社会問題にもなった貧困ビジネスと同じ流れになりそうですね。

 この、引き出し屋と並ぶ真の社会問題には、何故かマスメディアはスルーしていて、動画サイトなんかで一部の賢い人達がネタにしている程度だけど、これからブレイクする話題となっていくことを切に願ってやみません。

独身者の「新たな常識」を採り入れる人々が増えている

 パンデミックも収まりつつあるようですが、STAY HOMEムーブメントを機に、引きこもりでは無い人々も引きこもり生活の良さを認識して日々の暮らしに賢く採り入れて行く傾向が現れているようです。

「不便感じない」「体調良くなった」 丹波地域への移住者急増 テレワーク浸透で過去最高|丹波|神戸新聞NEXT

 夫はデザイン業界の会社員。職場は今も大阪で、自宅から通勤に2時間弱かかるが、繁忙期を除けば週に1、2回は在宅勤務で済ます。「新型コロナでテレワークが一気に進み、『意外と在宅でできるやん』と気付いた。不便は感じない」。職場が遠くなった分、むしろ家庭と仕事でメリハリがついた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/202205/0015317487.shtml

 外出を厳選する、という傾向は省エネや地球の汚染を抑制する、社会体制の如何に関わらず決して避けられない、地球を守り抜く為に必要な行為。いつもの台詞ですが、この世界的なビッグウェーブに乗るしか無い、溺れてなんかいられない状況となっています。

これからのひきこもりに必要なことは、ひきこもりではない人達のこれからにも必要なこと

 話は変わって、動画サイトを覗いていると、引きこもりなら既にやっている「白物家電にこだわる」、「住設機器への関心が高い」といった住環境への向上心旺盛な人が増えています。例えば、この方。著名なYouTuberで収入は年八千万という噂も聞く方ですが、「大きな冷蔵庫の導入」、「照明へのこだわり」、「自宅を建設」とこれからの引きこもりに必要なことは引きこもりで無い人々にとっても必要なことになっていくことを身をもって示しています。では動画を。

【激安】怪しい中華メーカー製「冷蔵庫」買いました!!
電気工事、照明って難しいよな?
【ルームツアー】ロマン重視な1億円の家を建設!悲劇発生www

引きこもりシーンも動画で情報発信する時代へ

YouTuberの約半数が月収1万円未満 ブログ同様に厳しい現実

何年か前から「ブログはオワコン(終わったコンテンツ)!これからはYoutube!」などと言われたりしてます。……(中略)
……でもあっという間にレッドオーシャンになってしまったという感。

https://www.retire2k.net/entry/2022/04/17/100000

 何々、「レッドオーシャンになっている」ということは、動画による情報発信が普及していると言えるな。小遣い稼ぎは無理でも引きこもりシーンの情報発信には使えそうだ。と、いうことでYouTubeでの引きこもりシーンについて調べてみました。

 まずは、地上波テレビや5ちゃんねるでおなじみの価値観に基づいた作品を。

58歳ひきこもり①~8050問題の先の現実(2020年6月1日放送)

 ひきこもりは辛いです苦しいです不幸です。という、うんざりするほど聞き飽きた価値観。彼の場合は最初の就職で躓いたので、充分な資産作りが出来なかった。という不利な点もあるけど、就職をすることがゴールだと思い込んでいたことで不幸が増幅された感じ。ここら辺は非自発的に引きこもった人達が陥る状況みたいだけど、自宅でできることが沢山ある状況に気付いて欲しかったな。

 最初の検索結果にガッカリしながらも気を取り戻して、いろんなキーワードで検索してみたけれど、自分のだらしない暮らしぶりを晒して「ヒキな俺を笑ってくれ」と自虐的な演出をやっている作品や宗教団体やひきこもり支援団体のヒキ叩き作品などばかりで、迷わず途中で再生停止して「低評価」を押しまくっていました。

「ひきこもり」に拘る理由は何も無い

 もう一度気を取り直して、「ひきこもり」に拘らず、自宅での暮らしを愉しんでいる人達の作品を探してみると、ありますあります。お宝が。これぞ最新引きこもりのハートを鷲づかみにする、勉強になる作品。例えばこちら。

【インテリア選びのコツ7選】賃貸物件でも理想のインテリアを叶える|2LDK|オレンジ・イエローのナチュラルなお家|SUBラルなお家|SUB

 彼女は引きこもりではありませんが、紛れもなく今を生きる引きこもりにも相応しいライフスタイル。学ぶべきものがあります。

 勿論、「巣ごもり消費」、「おうち時間」といったおなじみのキーワードも忘れずに検索していくとお宝は無限大に。これらを見て行くにつれて、自分が動画を作成するならこうすべきという方針が自ずと決まっていきます。

 また、今回の調査で新たな発見が。それは高齢者のVlogerやYouTuberも活躍していること。「高齢ひきこもり」という言葉があるように、引きこもりの年齢層も幅広くなっています。高齢の(ヒキで無い)VlogerやYouTuberが活躍しているのなら、当然……

 こんな事を書いていたら、他のヒキコモリスト達に先を越されそうですが、自分なりに動画づくりの練習を続けていきたいと思いますw

ひきこもることで己と社会との関係断絶を行うことはできません!

「ブラック企業」という名の悪魔達

「沈没しよるけん、今までありがとうね」 知床観光船から妻に電話 | 毎日新聞  

https://mainichi.jp/articles/20220426/k00/00m/040/187000c

【知床観光船事故】桂田社長「ブラック企業…私は分かりませんでした」船長が仕事について投稿

KAZU Iの豊田徳幸船長(54)は今年3月、仕事について「ブラック企業で右往左往です」と投稿していた。質疑応答で、その件について質問が出ると、桂田社長は「ブラック企業…私は分かりませんでした」と答えた。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202204270000693.html

 知床の観光船「KAZU I」運航会社「知床遊覧船」が起こした遭難事故。いや、事故と言うよりは、事件と言ってもいい程である事業者経営側の悪意によって起こされた事案でありますが、他の報道では、事務所の無線設備が壊れているので同業他社の無線設備に頼る気でいた(他社の資産を横取りする乞食行為でもあるw)、衛星電話も壊れていた、などの交通事業者としてあり得ない状況。しかも過去に何度か事故も起こしていたという筋金入りのブラック企業であった、という壮絶な姿が明るみに出ました。

 このように、ブラック企業は弱肉強食の論理をはき違えた、経営者と投資家以外のステークホルダーに悪影響(従業員や顧客を殺傷する等)をもたらし、まっとうな運営をやっている同業他社をも食い潰す社会の破滅をもたらす害悪でしかありませんが、信じられないことにそんなブラック企業を肯定する狂った人達がいます。次の引用をご覧下さい。

引きこもりのほうが利口で賢いという意見の人がいます。(つまりブラック企業にパワハラを受けながら無理してしがみつくのがバカそのものというようです。)みなさんはこの意見にどう思いますか? by Yahoo!知恵袋

ブラック企業にパワハラを受けながら 無理してしがみつく能力〔ある意味生きるのに必要な力)をもっている方が、引きこもりの無気力、行動力のない人より優れている、と申せましょう。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13231632608

 最初にも取り上げたように、ブラック企業は社会を破滅に導く第二の反社会勢力・テロ組織ですが、そこにしがみつくことを「生きるのに必要な力」とほざく頭のおかしな人を紹介しました。しかし、実際にはブラック企業にしがみついても最後に待ち受けているのは過労死や自殺等といった己の命を失う「最期」のみです。ブラック企業からの脱出をするということは、ご自身の「ブラック企業ごときに自分の命を失いたくは無い!」という、生きるのに必要な力である生存本能による行動によって、ご親族やオタク趣味仲間、恋人にセフレ……といった、あなたのステークホルダーに幸福をもたらし、社会を破滅に導く存在を撲滅に導く社会貢献活動を行っていることにもなるのです。そっちの方が「何故を五回繰り返す」までも無く決断し、行動をしたわけですし。

ブラック企業から逃げるひきこもり達自体が社会貢献活動実践の象徴である、という事実

 ……と長々と書いた文章のどこにタイトルとの関連があるのかと思われた方々もいるかも知れませんが、「ブラック企業が嫌で脱出した」こと自体がブラック企業は社会の害悪だから狂った経営者ごと消えて無くなって欲しい、という意思表示を伴った行動であります。このことはひきこもりも、そうで無い人も同じ行動であり、その行動が持つ意味も同じものであります。つまり、ひきこもること自体が社会に対する意思表示なので、その意思表示を行った引きこもり達が注目されている時点で社会との断絶に失敗しているわけです。本人達は「ほっといてくれよ」と思っているのだろうけど、それも社会に対する意思表示の一環。しかもマスゴミに追っかけ回されてたり、ひきこもり支援ビジネス団体の鴨にされている、という「社会参加」までさせられているので、どうあがいてもその呪縛からは逃がれることができないのです。

だったら、引きこもり生活を愉しむしか無いでしょ!

 世の中が大嫌いで一生独りでいることを望むタイプの引きこもりの皆さん、残念ですが諦めて下さい。本当に社会との断絶を希望されるのでしたら己の存在を絶つしかありません。でもそんな事なんて出来ない、自分が一番かわいい、己の命は絶ちたくないですよね。だったら、引きこもり生活を愉しみましょう!自宅でできることが溢れるように揃っている今を上手に活用して、綺麗な部屋、キレイな空気の部屋で楽しく引きこもり生活を過ごすしか無い。あとは第三者との不毛な比較という「呪縛」に囚われた哀れな人達をどう解き放つか。そして、運動不足。賢く引きこもっている人達を妬むのでは無く、上手に真似していくしかありません。