最新の引きこもり生活者達は「新しい生活様式」をとっくの昔から行っています

 皆様。四連休も半ばを過ぎました。今話題のウイルスCOVID-19パンデミックや熱中症対策にしっかり引きこもっていますか?
僕は残念ながら(?)前勤務先の人との会食wをAMEX三割引特典付きで行ったり、引きこもり生活用資材の買い出しに行ったり(尼&実店舗)、普段手の届かないところの埃取りをやったりと、全然引きこもりらしい過ごし方が出来ていませんorz 明日こそはしっかり引きこもりたいと思います。

ところで、案の定、といってもいいのでしょうかパンデミックの第二波がこの島を襲ってきました。乗りたくも無いけど、呑まれるのはもっと嫌なビッグウェーブ。でもこれは国民と政府の自己責任的な要因もあるのではないですか?ちょっと引きこもって感染拡大が収まったぐらいで引きこもるのをやめるとか、引きこもることが甘えとか言っている奴に限って引きこもるのはストレスが溜まるとか言い訳をして感染拡大の「媒体」になるという反社会的な行動を取る。もうこれは明らかに甘えですよ!

ほんと、もう学習しましょうよ。「新しい生活様式」の実践は今しか無い!
働いたら負けであるように、引きこもりは地球を救うんです!

これ以上ウイルスバラマキ祭りはやめましょう。

厚生労働省の定義は腐敗したのか?

自立をせずに引きこもり生活を営むことは極めて難しい

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼んでいます。

https://www.mhlw.go.jp/seisaku/2010/02/02.html#

「引きこもり」の意味は時代とともに変化している。かつては、後述のように、隠遁や病気療養を指して使われたが、平成30年度の厚生労働省白書では「様々な要因の結果として、社会的参加を回避し、原則的には6か月以上にわたっておおむね家庭内にとどまり続けている状態を指す現象概念」と定義し、報告に一節を割いている[9]

https://ja.wikipedia.org/wiki/

 ところが、今話題のウイルスCOVID-19によるパンデミック発生以前から、在宅勤務やテレワークなどで引きこもり生活を成立させていた人が徐々に増えていたし、テレビで取り上げられる、正に厚労省の定義にハマっていそうな「ひきこもり達」も引き出し屋の施設に閉じ込められるなどで生命の維持が出来なくなると脱走という名の外出を行うので、厚労省の定義も今となっては形骸化、あやふやなものになっています。

引きこもりシーンがどんどん豊かになっていく

続きを読む →

また地上波テレビ番組がやらかした

 地上波のテレビ番組がまた社会混乱を引き起こす要因作りをしたと聞いてググってみました。もう日テレさんの宣伝大成功ですなw
番組は勿論見ていないので記事などによれば、SIMカードのPINによるロック設定をかけておくことで、SIMカードが盗まれて他の端末に刺されてもSIMカードのPINを入力しないと通話通信が利用出来なくなるという不正使用対策をやっておこう、というものだそうですが……

続きを読む →

当ドメインの恥ずかしい過去?

 ある企業のウェブ閲覧監視サービスで hikikomorilife.com がアクセス拒否されていると聞いて、何か恥ずかしい過去でもあるのかと調べてみたら何と!中古ドメインであることが判明。2008年6月3日のインターネットアーカイブに、「ひきこもり生活.com」なるページの存在が確認されていて、他にも2014年1月と12月辺りにも存在していたようだけど、ページなどは残されていない状況。
それから2016年に入って管理人本人が当ドメインを取得して前身となるサイトに設定、それから現在に至っているけど、改めて「ひきこもり生活.com」の残骸を見てみると、まだ作成途中でアニオタネタに偏重していながらも引きこもり生活を愉しもうというコンセプトはここと共通しているところでもあるかなと思いましたw

その残骸にあるサイトの説明より:

ひきこもり生活.comとは

当サイトは引きこもり治療、ひきこもり改善策を提示するサイトではありません。引き篭もりの原因と対策またはニートからの脱出方法を解説したサイトでもありません。

引き篭り生活あるいはニート生活への悩みを一時的に忘れて、気分転換して頂くことが目的のサイトです。

ひきこもり生活を豊かに送るための情報をコンテンツとして掲載しています。

そのサイトは色々あったのか、一旦閉鎖されたようで、後にアニメネタは”Shaun the Sheep“とヒョウタンツギ一筋の現管理人が当ドメインを取得、新たな引きこもりによって復活したということでしょうか。

それにしても、ドメインまで電話番号のように再利用がされているとは夢にも思いませんでしたよw 悪い評判がないだけマシとは言え、企業のウェブ閲覧制限対象になっているドメイン。2014年の記録されていなかったサイト内容が気になります。

2008年といえばリーマンショックに端を発した、「巣ごもり消費」という引きこもり生活を抽象化した言葉が生まれた年でもありますが、最初の当ドメイン所有者は先見の明があったのかも知れませんね。

最後に引きこもりが勝った!?

 COVID-19禍がもたらした、新たな生活様式。
それは、まさに引きこもり生活の普及を意味するものです。

今までは、なんとなく通っていたコンビニやブラック外食チェーン店。
外出を控えるためにスーパーや通販で買った酒や食材で、ブラック外食ではありつけない高品質なそれらを自宅で手軽に楽しめたり、飯や酒の肴もレシピサイトの手順通りに作れば思ったより簡単、かつ「遊び感覚」で出来てしまう事実を目の当たりにした方も多いでしょう。これを機に一生続けてしまおうかと思ったりもw
同じ値段の商品でも、コンビニの商品よりもいかりスーパーの商品の方が遙かに高品質でコストパフォーマンスが優れているという衝撃的な事実で目を覚ました、その瞬間を一生忘れない様にして頂きたい。そう願っています。

サイト名を「引きこもり生活普及委員会」へと変えた矢先にあっさりと普及してしまった引きこもり生活。また、新たなサイト名を考案しなければならなくなったようです。