引きこもり生活は社会問題ではなく、社会現象である

 最近になって休日が増えたのはいいけど、部屋の掃除や洗濯物処理で一日が終わってしまういつもの引きこもり生活を過ごしている引きこもり生活愛好家です。

地上波のテレビは地元独立U局の自治体広報番組やNHKのローカルニュースぐらいしか見なくなったけど、愚かな東京キー局奴隷の民放では相変わらずひきこもり叩きが横行していると聞いています。
この現象は、思えば、90年代後半辺りから始まっているように思えますが、就職氷河期以降に急増した「働いたら負けかなと思う」の名台詞でおなじみの「ニート」と同じくして「ひきこもり」が急増していると騒ぎ始めたようです。あの頃を思い出して見ると、「違法な労働」や「ブラック企業問題」は、マスメディアの世界では見事に黙殺されていて、某巨大掲示板辺りではブラック企業ネタで賑わっている、といった状況でしたが、スポンサーにブラック業界の連中が連なっていたからなのか見事なスルー振りにただ、笑うどころか呆れる気すらしなかった人も多いはずです。

そんな憂鬱な騒ぎに続けたかのようにインターネットによる新たなIT革命が合衆国から始まりましたが、引きこもりに限らず「感度の高い人達」によって今度こそは移動の無駄が減らせるのではないのか、という期待が寄せられました。
事実、この頃から鉄道やバスの利用者が減り始めて阪急電鉄がサラ金事業に手を染める(2008年頃に撤退)程までになりましたが、一般的にいわれていた少子化が進んで(主に)通学の利用者が減っているからという理由だけでなく、インターネットのおかげで外出の必要性が激減したことも否定できないでしょう。
そして、アメリカの「ミレニアルズ世代」により引きこもり生活の有用性が認められていき、リーマンショックで世界的なミニマリズムブームが勃発したことで日本においても「巣ごもり消費」なる歯切れの悪い言葉と共に「ムリ・ムダ・ムラのない消費生活」を営む傾向が広がり始めていきました。

この頃に前後して、「シンプルライフ」と「断捨離」も始まり、 単なる「節約」とは一線を画した成熟社会に相応しいライフスタイル。いわば、衣食住の再構築(Restructuring)といっても過言では無い新たな社会現象の勃発。それが引きこもり生活なのです。

Windows7感謝祭までにPCの乗換えを準備しなければ

 遂に、Windows7のサポート終了までの期間が一年を切りました。
そして、それに合わせたかのように電源スイッチの接触が怪しくなってみたり。勿論、サポート期限ギリギリまで利用したいところだけど、電源が入らなくなったら、PCの買い換えもままならない。店頭で売られている機種は仕様が非現実的でコスパが低すぎるから、問題外。やっぱ通販で売られている機種しか選択肢はない。

今までは、本体がミニタワーだったけど今回はかねてからの悲願だった超小型機か一体型を考えています。かつてWindowsの一体型は中身がノートPCのそれを流用していたりしていて価格の割りに性能が弱くて、それならノートPCに外付けキーボードやマウスを付けた方がマシだったりして(Windowsではない)iMac以外の選択肢がなかったけど、現在はちゃんとデスクトップ用の石が積んであったり、ストレージドライブもSSD+HDDと現実的なスペック仕様の機種も出てきたので今度こそは一体型で机をスッキリさせたいなと思っています。

ただ、フォントの買い換え出費は痛いなぁ。

引きこもりの野菜選び

以前投稿した贅沢を楽しむための見切り品購入。
確かに、贅沢が目的になってしまうので欲張りすぎて、却って浪費してしまうことがあったので今では「抑制」していますが、野菜に限っては鮮度が劣化した見切り品よりも新鮮な野菜の方が保存が利くので劣化が深刻になるまでに使い切れるだけの量を「定価で」買っておいた方が結局はお得かな、という結論に至っています。
勿論当日食べきれる量のものや、希に劣化が進んでいない物が大幅値引きされていたら喜んで飛びつきますが、葉菜系のものは丁度劣化が外周から始まっていくので、めくるようにして消化すれば無理しなくても劣化する前に消化できることも学びましたw

引きこもりの健康維持に欠かせない野菜の摂取。高品質を低価格で手に入れるための真実から外れないようにしたいものですね。

初めてのメルカリ

不要品がまた現れてきたので、メルカリで処分することにしました。
今までヤフオクしか使わなかったけど、出品から落札されてから取引に入る一連のやりとりが煩わしく感じていたので、メルカリがブレイクする前から似たようなフリマサイトなどで余ったスマホ端末などを処分していたけど、メルカリは匿名でのやりとりが標準装備されていたりと、後発だけあって使い勝手はいいかも。

取引が開始されて時の発送も、コンビニや公衆ロッカーからブツを預けてもらえるので迅速な対応が出来るし、オークション時代の個人情報の管理に煩わされることもなくて時間や労力的な負担がかなり少なくなった実感があります。

もう、断捨離(死語?)の機会も減ってきたけど、ボチボチお世話になるかも知れませんねw

見切り品は、贅沢を楽しむために

ブログにも書きましたが、今や見切り品は節約ではなく贅沢を楽しむためのものとして選んでいるのが、今時の引きこもり達。
特に年末年始は、「しっかりと引きこもる」ために、つい多めに買い込みがち。そうなれば、早めに消化するものからお買い得なものを選ぶことは必然的な流れでしょう。
年越しそばは、流石に定価のままでしたがトッピングの海老天ぷらは半額品を獲得!揚げてから余り時間を経過していない「鮮度の高い」海老天を長期保存品よりも安価に入手して年越しを済ませることが出来そうです

年始はチルドピザや野菜が冷蔵庫で待っているし、大晦日は掃除とブログカキコに専念できるしで大満足。
新年の祝いはHBで焼きたてケーキでも作ってカモミールティーを飲みながら動画鑑賞三昧します。

いつもの時間の経過には変わりないけど、ここで一旦年が変わる瞬間を機に気分転換を図るのもありでしょう。
皆さんは、どんな引きこもり生活を愉しみますか?

良いお年をお迎え下さい。