第三波が到来しているのに……

 何故外出をするのだろう。

自らGO TO HELLを望むなんて、頭の中がどうかしているとしか思えない。引きこもるのが嫌なんて、甘えでしかない。

これ以上、COVID-19をばら撒かないで欲しい。

遂に、メスが入った

監視カメラに鉄格子、所持金は取り上げられ… 引きこもり支援の「引き出し屋」を集団提訴

 訴状によると、7人は2017~19年、突然自宅を訪れたスタッフに「おまえに拒否権はない」などと言われ、無理やり施設へ連れて行かれ、約1カ月~約2年2カ月間入所させられた。建物には監視カメラ、一部の部屋の窓には鉄格子が設置。携帯電話や所持金を取り上げられ「逃げ出すのは困難だった」と主張している。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/64916

 過去の記事でも取り上げた、あの悪名高き「一般社団法人「若者教育支援センター」(東京都港区)が運営するワンステップスクール湘南校(神奈川県中井町)」。法人代表理事の広岡政幸氏について、いろいろググってみると「JCI JAPAN TOYP(旧 人間力大賞)2014年度総務大臣奨励賞を受賞」という胡散臭い経歴が気になります。日本青年会議所(JC)といえば、逮捕者も出たというこんな記事もあったりと何かといかがわしい組織だし、ワンステも時代錯誤な生き物の代表格、ヤンキー自慢の伊藤幸弘が発起人だったりと、関わってはいけない組織だということに気付く筈なんだけど、こういったところにすがる人達は、なぜか地上波テレビやAbemaを有り難がる人達でもあるので、あっさりと洗脳され、騙され続ける典型的な情報弱者。サナトリウムの方が安くて済むのに、ジャパンライフや豊田商事のCMを流すようなメディアを信用信頼するなどという恥ずかしいほど愚かすぎる行為に溺れ、自分の子供が引きこもった原因を突き止めることもなく、「即効性のあるドラッグ」を求めてしまう。

いい加減、目覚めて下さいよ。引きこもり生活は、環境保全の、COVID-19パンデミック対策の切り札なんです。

でも、見方を変えれば、この出来事は、引きこもり生活が市民権を得たことを意味するものではないのでしょうか。昔だったら、えげつないヒキ叩きの犠牲になっていたかも知れません。今なら、地球を守る生活様式として支持されているひきこもり達を応援する人達の方が多いでしょう。

引きこもり生活は、確実に普及から定着へと進化しています。

イオンの600億円投資

 引きこもりにとって必要な小売業はコンビニエンスストアでなく、スーパーマーケット、ドラッグストアにホームセンターなど。今度こそは定着間違い無しの巣ごもり消費を支える存在となる、業績が良くなって当たり前の業界ネタを何故このサイトで取り上げたかというと……

イオン、みずほ銀などから劣後ローンで600億円調達
……同社は新型コロナウイルス禍を受けて拡大する巣ごもり需要を取り込むためネットスーパー事業を強化しており、調達した資金は配送センターの建設費用などに充てる。……

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65316460S0A021C2TJ2000/


今回の資金調達で、ネットスーパー事業へ本気を出すという、引きこもりに嬉しい事業方針の決定、そして大手小売りが一億総引きこもり時代の日本発ビッグウェーブ到来を認識して、対応を始めたこと。もしかしたら、今までは移動販売車の到着を待つしかない、生協の宅配や百貨店の外商すら断られる田舎でも在宅消費の歓びを享受出来るかも知れないと思うと胸熱w

勿論、現在ネットスーパーが利用出来る地域でも更なる利便性などの向上が期待出来るので、イオングループの動向には目を離せませんね。

ひっそりと暮らす人々、増えています

 COVID-19パンデミックが「消費社会の構造改革」を加速させてしまった今、ひっそりと暮らす事の重要性に目覚めてしまった人々が増えています。

Q&Aサイトでは「ひっそりと目立たず暮らす方法は無いか」といった質問が増え、引きこもり生活ブームが落ち着き始めたようでいて、しっかりとひっそりと暮らす事の重要性を説いたサイトが増えている事実を確認しています。

「いい加減、目覚めてしまった」というわけで、ひっそり暮らしに欠かせないのが、引きこもり生活。いつもの暮らしを質的に向上させるための策として、引きこもり生活はこれからもひっそりと、それでいて強固な支持を集めていくことでしょう。

続けましょう、引きこもり生活。

あなたがひっそりと暮らすことで、空気がきれいになるのだから。

引きこもり生活は、普及した。後は定着するかだ。

 「引きこもり生活 楽しい」でネット検索すると、ライフスタイル系のブログやサイトが検索結果の上位を占めるようになっています。まだ普通のブログだったこのサイトが出来た頃の検索結果だと、「問:ひきこもり生活は楽しいですか? 答:いいえ楽しくありません、辛いです!」という嘘くさいQ&Aが載った、ひきこもり収容施設なんかの宣伝ページが中心で、その中に混じってこのサイトの一部もランクインしていたりする、といった状況だったのとは雲泥の差。COVID-19パンデミックは、人々のライフスタイルを大きく刷新したんだな、と只呆然とするだけです。

リーマンショックの頃も、「巣ごもり消費」なる言葉が現れて、引きこもり生活普及のきっかけが芽生えたものの、ほとぼりが冷めると無かったことにされてしまい、ガッカリさせられたものですが、今度は引きこもり生活普及のビッグウェーブは本気出しまくり。外出を抑制しても楽しく暮らせることに気付いた人達がどんどん増えて、留まるところを知らないような状況となっていることは、以前の投稿でも紹介したとおり。動画サイトのVLOGなんかが引きこもり自慢状態となっていた時もあって、引きこもり生活の普及を願っているものとしても、唖然としてしまった思い出は一生忘れられないものとなるでしょうw

マスメディアが取り上げなくても、気が付けばあっさりと普及した引きこもり生活。サイレントテロの様にしっかりと定着するのか。ここからが正念場なのかも知れません。このサイトも引きこもり生活がライフスタイルの一選択肢として定着するために様々な活動に参加していきます。