意外だったこと

一億総引きこもりのビッグウェーブを肥大化させたCOVID-19パンデミック。

 ライブハウスやスタジアムががら空きになると思いきや、無観客でのパフォーマンスをネット配信で生中継することにより「暇」にならなくなったし、引きこもり生活には飯や生活雑貨が必要、ということでまっとうな品揃えの小売業は業績を回復しているし、ネットショッピングの普及がペースアップしたことで運送業もブラックスレスレの忙しさになっています。
ネット配信を見るための有機ELテレビや音響設備、引きこもり生活を愉しむための調理器具や衛生・空調機器も馬鹿売れで自宅を快適に過ごすための住設機器の販売や工事も順調とか。ウイルス感染を恐れて飲食店の来客が減ったと言うけれど、弁当や持ち帰り商品の提供で売上減少の危機を乗り越えた店も。ブラック外食チェーン店、観光業や旅客運送業のように、引きこもり生活定着の流れに乗れない業種は残念ながら市場からご退場願うしか無いけれど、僕が一瞬意外に思ったことが一つ、あります。

高速道路3社、初の赤字へ
コロナ禍で交通量減 – 共同通信
 東日本、中日本、西日本の高速道路各社は23日、2021年3月期の連結業績予想を発表した。いずれも新型コロナウイルスの感染拡大で通行量が落ち込み、純損益は05年の民営化以降、初めて赤字になると見込んでいる。通行量は現在、回復傾向にあるが、4月の緊急事態宣言後、移動自粛で大幅に減ったことが響いた。

https://this.kiji.is/


 えーっ、嘘だぁ。遊びに行く人が減っただけで赤字になるほどの収入減とか。運送業などの大口顧客もあるし、むしろ運送業者の便数が増えてるでしょ、などと思うところですが実は、大口顧客はETCコーポレートカードで割引利用をしている等の理由で彼らが忙しくなったところで収入が増えるとは限らなかったりします。やっぱり、不正通行が後を絶たない程割高感のある通常価格の通行料を払ってウロチョロしてくれる脳天気な庶民の行楽客が一番の鴨だということが露わになったのでしょうか。

高速道路の事業者は鉄道などとは違って、都市部の高速道路(首都高・阪神高速など)の例外を除いては大抵「不便な僻地」に路線が敷かれることが多いので、商業施設や住宅地といった都市開発もしづらいし、昔の国鉄みたいな「本業一筋」からなかなか脱することが出来ないようです。NEXCO各社なんかは、色々と新規事業開発をやっているようだけど、実を結べずにいるようで……

引きこもり生活定着の世界的なビッグウェーブにはもう乗るしかないですね。

外出基地外の特徴

 皆が引きこもるべき日に、何故か成人式を行う変な自治体。
うちのところもご多分に漏れず、やっていましたよ。しかも去年より会場周辺の道路は混んでいたし。まさに、COVID-19パーティをやりたがっているとしか思えない程の基地外振りでした。

で、改めて気付いたこと。

外出したがる奴ほど、移動が下手くそ。

行き先とその経路を事前にまとめる、ということが出来ない人達が多いのか、交差点で突然停車してしまう、なんてことをする人達が多いのは何故だろう。外出基地外なら、交通ルール&マナーを習得出来ているのかと思えば、全く出来ていない奴が殆ど。渋滞が増えると空気が汚れるし、燃料は浪費するし、COVID-19の感染拡大機会は増えるしでいいことなど何も無い。そもそも道路には不必要に留まるべきではない、場合によって道路交通法違反にもなりかねない反社会的な行動であることが認識出来ていない。

カーナビやスマホを何故活用しない。「急がば回れ」の諺通り、それらの上手な活用で渋滞を避けることが出来るのに。勿論地元に人しか使ってなさそうな細い道の通行はダメ。ゼッタイ。だけど。

外出基地外だけに、外出さえ出来れば目的地など着けなくてもいい、そもそも目的地など無くてもいい、という考えなのでしょうか。
でも、それって只の白痴なのでは。どなたかが言っていた、「馬鹿だと、ひきこもりにはなれない」という言葉を思い出したけど、馬鹿だからムダな外出をしたがるのかなと思った今日でした。

引きこもり生活の定着は止まらない

 皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は引きこもり生活の社会福祉向上力が改めて確認出来た年ですが、年が変わってもその力強さは益々増大していくばかり。もう、止めることは出来ません。いえ、止めてはいけません。COVID-19が広まってしまいますから。

ウイルス対策は、引きこもり生活で。
引きこもり生活で、地球をもっとキレイに。

本年も引きこもり生活の定着と発展を目指して、よろしくお願いいたします。

ひきこもり生活普及元年もあと僅か

 2020年も今日と明日だけ。今年は引きこもり生活の普及に弾みを付け、多くの人々へ引きこもり生活の効用を広めた年となりました。

そんな引きこもり生活のルネッサンスとも言うべき年でしたが、ピュアな引きこもり生活の実現は引きこもり生活を愛する者達でも容易な物では無いことを思い知らされることにもなりました。
例えば、運動不足対策。COVID-19が流行る前は手軽に筋トレが出来たのですが、今は感染対策が必須なので、一手間かけて行う必要が生じました。

このように、引きこもり生活が当たり前だと思っていた人々にも、方法論の刷新が迫られたのです。

引きこもり生活は馬鹿には出来ないと、どなたかが言われていましたが、常に考えることが求められる引きこもり生活の年越し後はどのような進化を遂げているか、このサイトでも随時追っていきます。

年越しは全国的に悪天候という予報です。しっかり引きこもって掃除し忘れたところをきれいにして良いお年をお迎え下さい。

引きこもり生活がもたらした好影響(?)あれこれ

 寒さもやっと強くなって冬到来。低温度低湿度というウイルスの活動に相応しい気候になってきたのなら、もう引きこもるしかないでしょ、というわけで引きこもり生活がもたらした出来事を二つほど。

インフルエンザ激減 例年「流行期」入りで数百人感染も今年はわずか3人 兵庫県 – 神戸新聞電子版

 兵庫県内のインフルエンザ感染者の報告が、8月末から今月22日まで、3人にとどまっている。
– 中略 –
 兵庫県医師会理事(公衆衛生担当)で、芦屋市で診療所を開く平林弘久さん(57)は「インフルエンザの爆発的流行は例年1、2月が多く、この時期が焦点になるだろう」と指摘している。

https://www.kobe-np.co.jp/


 引用元の記事にもあるように、インフルエンザの流行が本格的になるのは年を越してからになるので、引きこもり生活に代表されるCOVID-19対策のノウハウを生かしてウイルス対策を万全なものにしたいですね。

 次は、一億総引きこもり時代に適応する百貨店の記事。

三越伊勢丹/オンラインで百貨店の接客「シームレスサービス」開始 – 流通ニュース

~ 6月から、伊勢丹新宿店のランドセルを対象に、オンラインチャット相談とzoomによるオンライン接客をトライアルスタート。自宅にいても販売員(スタイリスト)とつながるワントゥワンサービスを提案する。 ~

https://www.ryutsuu.biz/


 イオンに続いて、百貨店も(ようやく)引きこもり需要の対応を始めました。
百貨店での買い物を自宅などで引きこもって出来る人達といえば、外商がついている顧客だけの「特権」だったけど、今では一般客でもオンライン接客が出来るようになったから、一部の自動車ディーラーなどが始めていたところに伊勢丹も参入決定という嬉しい出来事。
それなのに、飲食や観光産業はGO TOナントカが無くなると業界もなくなりそうだと利権確保に必死で見苦しい。飲食店も持ち帰り商品の展開などで巣ごもり引きこもり時代の適応を進めているところもあるし、観光も新業種の開発に必死ところもあると聞いているけど、ブラック企業が跋扈する業界だけにいざ状況が不利になると、「甘えたこと」を言い出すのでホント笑える。

あのウイルスが蔓延しなくても、巣ごもり消費&引きこもり生活が普及することは約束されたも同然の状況なのに、今頃何慌てているのでしょうかねぇ。
全然自助努力していない。これ以上税金の無駄遣いを増やすような真似はやめて欲しい。