独身者の「新たな常識」を採り入れる人々が増えている

 パンデミックも収まりつつあるようですが、STAY HOMEムーブメントを機に、引きこもりでは無い人々も引きこもり生活の良さを認識して日々の暮らしに賢く採り入れて行く傾向が現れているようです。

「不便感じない」「体調良くなった」 丹波地域への移住者急増 テレワーク浸透で過去最高|丹波|神戸新聞NEXT

 夫はデザイン業界の会社員。職場は今も大阪で、自宅から通勤に2時間弱かかるが、繁忙期を除けば週に1、2回は在宅勤務で済ます。「新型コロナでテレワークが一気に進み、『意外と在宅でできるやん』と気付いた。不便は感じない」。職場が遠くなった分、むしろ家庭と仕事でメリハリがついた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/202205/0015317487.shtml

 外出を厳選する、という傾向は省エネや地球の汚染を抑制する、社会体制の如何に関わらず決して避けられない、地球を守り抜く為に必要な行為。いつもの台詞ですが、この世界的なビッグウェーブに乗るしか無い、溺れてなんかいられない状況となっています。

これからのひきこもりに必要なことは、ひきこもりではない人達のこれからにも必要なこと

 話は変わって、動画サイトを覗いていると、引きこもりなら既にやっている「白物家電にこだわる」、「住設機器への関心が高い」といった住環境への向上心旺盛な人が増えています。例えば、この方。著名なYouTuberで収入は年八千万という噂も聞く方ですが、「大きな冷蔵庫の導入」、「照明へのこだわり」、「自宅を建設」とこれからの引きこもりに必要なことは引きこもりで無い人々にとっても必要なことになっていくことを身をもって示しています。では動画を。

【激安】怪しい中華メーカー製「冷蔵庫」買いました!!
電気工事、照明って難しいよな?
【ルームツアー】ロマン重視な1億円の家を建設!悲劇発生www

引きこもりシーンも動画で情報発信する時代へ

YouTuberの約半数が月収1万円未満 ブログ同様に厳しい現実

何年か前から「ブログはオワコン(終わったコンテンツ)!これからはYoutube!」などと言われたりしてます。……(中略)
……でもあっという間にレッドオーシャンになってしまったという感。

https://www.retire2k.net/entry/2022/04/17/100000

 何々、「レッドオーシャンになっている」ということは、動画による情報発信が普及していると言えるな。小遣い稼ぎは無理でも引きこもりシーンの情報発信には使えそうだ。と、いうことでYouTubeでの引きこもりシーンについて調べてみました。

 まずは、地上波テレビや5ちゃんねるでおなじみの価値観に基づいた作品を。

58歳ひきこもり①~8050問題の先の現実(2020年6月1日放送)

 ひきこもりは辛いです苦しいです不幸です。という、うんざりするほど聞き飽きた価値観。彼の場合は最初の就職で躓いたので、充分な資産作りが出来なかった。という不利な点もあるけど、就職をすることがゴールだと思い込んでいたことで不幸が増幅された感じ。ここら辺は非自発的に引きこもった人達が陥る状況みたいだけど、自宅でできることが沢山ある状況に気付いて欲しかったな。

 最初の検索結果にガッカリしながらも気を取り戻して、いろんなキーワードで検索してみたけれど、自分のだらしない暮らしぶりを晒して「ヒキな俺を笑ってくれ」と自虐的な演出をやっている作品や宗教団体やひきこもり支援団体のヒキ叩き作品などばかりで、迷わず途中で再生停止して「低評価」を押しまくっていました。

「ひきこもり」に拘る理由は何も無い

 もう一度気を取り直して、「ひきこもり」に拘らず、自宅での暮らしを愉しんでいる人達の作品を探してみると、ありますあります。お宝が。これぞ最新引きこもりのハートを鷲づかみにする、勉強になる作品。例えばこちら。

【インテリア選びのコツ7選】賃貸物件でも理想のインテリアを叶える|2LDK|オレンジ・イエローのナチュラルなお家|SUBラルなお家|SUB

 彼女は引きこもりではありませんが、紛れもなく今を生きる引きこもりにも相応しいライフスタイル。学ぶべきものがあります。

 勿論、「巣ごもり消費」、「おうち時間」といったおなじみのキーワードも忘れずに検索していくとお宝は無限大に。これらを見て行くにつれて、自分が動画を作成するならこうすべきという方針が自ずと決まっていきます。

 また、今回の調査で新たな発見が。それは高齢者のVlogerやYouTuberも活躍していること。「高齢ひきこもり」という言葉があるように、引きこもりの年齢層も幅広くなっています。高齢の(ヒキで無い)VlogerやYouTuberが活躍しているのなら、当然……

 こんな事を書いていたら、他のヒキコモリスト達に先を越されそうですが、自分なりに動画づくりの練習を続けていきたいと思いますw

ひきこもることで己と社会との関係断絶を行うことはできません!

「ブラック企業」という名の悪魔達

「沈没しよるけん、今までありがとうね」 知床観光船から妻に電話 | 毎日新聞  

https://mainichi.jp/articles/20220426/k00/00m/040/187000c

【知床観光船事故】桂田社長「ブラック企業…私は分かりませんでした」船長が仕事について投稿

KAZU Iの豊田徳幸船長(54)は今年3月、仕事について「ブラック企業で右往左往です」と投稿していた。質疑応答で、その件について質問が出ると、桂田社長は「ブラック企業…私は分かりませんでした」と答えた。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202204270000693.html

 知床の観光船「KAZU I」運航会社「知床遊覧船」が起こした遭難事故。いや、事故と言うよりは、事件と言ってもいい程である事業者経営側の悪意によって起こされた事案でありますが、他の報道では、事務所の無線設備が壊れているので同業他社の無線設備に頼る気でいた(他社の資産を横取りする乞食行為でもあるw)、衛星電話も壊れていた、などの交通事業者としてあり得ない状況。しかも過去に何度か事故も起こしていたという筋金入りのブラック企業であった、という壮絶な姿が明るみに出ました。

 このように、ブラック企業は弱肉強食の論理をはき違えた、経営者と投資家以外のステークホルダーに悪影響(従業員や顧客を殺傷する等)をもたらし、まっとうな運営をやっている同業他社をも食い潰す社会の破滅をもたらす害悪でしかありませんが、信じられないことにそんなブラック企業を肯定する狂った人達がいます。次の引用をご覧下さい。

引きこもりのほうが利口で賢いという意見の人がいます。(つまりブラック企業にパワハラを受けながら無理してしがみつくのがバカそのものというようです。)みなさんはこの意見にどう思いますか? by Yahoo!知恵袋

ブラック企業にパワハラを受けながら 無理してしがみつく能力〔ある意味生きるのに必要な力)をもっている方が、引きこもりの無気力、行動力のない人より優れている、と申せましょう。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13231632608

 最初にも取り上げたように、ブラック企業は社会を破滅に導く第二の反社会勢力・テロ組織ですが、そこにしがみつくことを「生きるのに必要な力」とほざく頭のおかしな人を紹介しました。しかし、実際にはブラック企業にしがみついても最後に待ち受けているのは過労死や自殺等といった己の命を失う「最期」のみです。ブラック企業からの脱出をするということは、ご自身の「ブラック企業ごときに自分の命を失いたくは無い!」という、生きるのに必要な力である生存本能による行動によって、ご親族やオタク趣味仲間、恋人にセフレ……といった、あなたのステークホルダーに幸福をもたらし、社会を破滅に導く存在を撲滅に導く社会貢献活動を行っていることにもなるのです。そっちの方が「何故を五回繰り返す」までも無く決断し、行動をしたわけですし。

ブラック企業から逃げるひきこもり達自体が社会貢献活動実践の象徴である、という事実

 ……と長々と書いた文章のどこにタイトルとの関連があるのかと思われた方々もいるかも知れませんが、「ブラック企業が嫌で脱出した」こと自体がブラック企業は社会の害悪だから狂った経営者ごと消えて無くなって欲しい、という意思表示を伴った行動であります。このことはひきこもりも、そうで無い人も同じ行動であり、その行動が持つ意味も同じものであります。つまり、ひきこもること自体が社会に対する意思表示なので、その意思表示を行った引きこもり達が注目されている時点で社会との断絶に失敗しているわけです。本人達は「ほっといてくれよ」と思っているのだろうけど、それも社会に対する意思表示の一環。しかもマスゴミに追っかけ回されてたり、ひきこもり支援ビジネス団体の鴨にされている、という「社会参加」までさせられているので、どうあがいてもその呪縛からは逃がれることができないのです。

だったら、引きこもり生活を愉しむしか無いでしょ!

 世の中が大嫌いで一生独りでいることを望むタイプの引きこもりの皆さん、残念ですが諦めて下さい。本当に社会との断絶を希望されるのでしたら己の存在を絶つしかありません。でもそんな事なんて出来ない、自分が一番かわいい、己の命は絶ちたくないですよね。だったら、引きこもり生活を愉しみましょう!自宅でできることが溢れるように揃っている今を上手に活用して、綺麗な部屋、キレイな空気の部屋で楽しく引きこもり生活を過ごすしか無い。あとは第三者との不毛な比較という「呪縛」に囚われた哀れな人達をどう解き放つか。そして、運動不足。賢く引きこもっている人達を妬むのでは無く、上手に真似していくしかありません。

ひきこもり支援ビジネス関係者が焦っている

 リーマンショック、パンデミックと世界の大きな変化と共に普及していった「引きこもり生活」。日常生活の方法論として、正に乗るしか無いビッグウェーブが何度でも到来しています。そんな流れを受けて、かつての「おたく」と同様に単なる社会からの逃避行動だと思われていた「ひきこもり」も日常生活の賢い暮らし方の一選択肢として多くの人々から支持を集めています。

 こうなると困ってしまうのが、「ひきこもり支援」と称してヒキ達を自分たちの支配下に置くだけで儲けている人達。地上波テレビとタイアップした「引き出し屋」が有名ですが、「ひきこもり」の良い面がクロースアップされて前向きに引きこもり生活を愉しむ人達が増えると彼らの役割が終わってしまう。何としてでも「引きこもりは悪」の印象を植え付けて「利権確保」しなければと必死になっています。当サイト過去の投稿にもひき子さんちきりんさんに噛み付いている人達を取り上げましたが、本当に「仕方なくひきこもることになって辛い」のであれば、「引きこもりを愉しむ人達」を違う人種の連中としてスルー出来る筈だし、そもそも「外出への挑戦」に専念しているのだから、五感の圏外であるはず。目障りであれば目を背けるだけでいいからね。なのに噛み付くと言うことは、本当は引きこもりたくてひきこもっているからなのではないのですか、としか言い様がありませんね。強がりは大人げないと言うことで。

他人と比較せず、自分の生き様を創って行こう

 引きこもり生活に限らず、節約の方法などでもよく言われることだけど、「他人と比較しない」ということがそれらの成功の秘訣として語られています。例えば、節約を失敗させるための仕掛けとして有名な方法。他人と比較させることで、もっと欲張りたくなる。周りからちやほやされたくなる。だから高価なもの、新しい物を所有していることを自慢したくなる。そうして浪費の罠に陥れることが搾取の常識であると。
ひきこもり支援ビジネスも、ヒキ達に対して「皆はお前らよりも外出している(ムダな外出を繰り返しているだけの愚か者でしか無いのだが)、だからお前らも外出しろ。何が『働いたら負け』だ。ブラック企業で働いている方がマシなんだからお前らもブラック企業へ行け(どう考えても第二の反社会勢力でしか無いブラック企業に勤めることの方が反社会的行為、そんなところへ行ったら又ひきこもりたくなるだろ)。」と歪んだ調教を行って、「お前のヒキはまだ治っていない」とカウンセリングを延々と継続させて、仕事がなくならないようにする。分かりやすいビジネスモデルだよね。

ひきこもり支援団体の新たなる挑戦!?

【漫画】支援員「1年ほど引きこもってますね」俺「!?」男性看護師として介護施設で働く俺→夜勤明けに何故か引きこもり支援団体が俺の家に押し入ってきたので通報した結果…(スカッと漫画)【マンガ動画】

 「宗教カルト」に嵌まった親族が、ヒキでは無い彼をひきこもり支援団体(引き出し屋)に「ヒキがいるから連れ出してくれ」とウソの依頼で引き出し、もぬけの殻となった彼の部屋から金品を盗み取って「お布施」に勤しむと言う手口。悪用だと分かっていても、収入確保のために引き受けてしまう。ひきこもり支援団体も最近は暇になっているのでしょうかw

 このことからも分かるように、引きこもり生活が普及したことで衰退が始まった「ひきこもり支援ビジネス」。この業界に関わる人達のご乱心振りが目立っています。

今こそ、引きこもりを愉しむ文化を

 外出せずに自宅でできることを沢山見つけ出した引きこもり達。もう苦しむ必要性が無いのに、腐敗した価値観に執着する哀れな人達を笑うことも無く今を生きる引きこもり達はマイペースな暮らしを続けています。肩の力を抜いて、自己中上等でいい。自分だけの生き様を実現するために引きこもり生活を活用して下さい。

「おたく」は進化した、次は「ひきこもり」が進化する番だ

 前回の投稿などで、過去に何度も書いてきた「ひきこもり」の定義や価値観は時の流れと共に変貌を遂げている、という主張。今更ですが、これと似た事例が思い浮かびました。「おたく」です。

 おたくもかつては東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人に代表される社会と断絶してマニアックな趣味にのめり込み、己の快楽追求の為なら他人社会の破滅を引き起こしても構わない、という究極の自己中の象徴のごとくマスメディアに取り上げられ、只のマニア達も散々叩かれ続けるなどの風評被害を受けるようなこともありましたが、今では趣味を極めて人生を愉しむ人々の象徴として扱われています。

 そう、次は「おたく」のように「ひきこもり」がネオむぎ茶でおなじみ西鉄バスジャック事件の犯人との強引な結びつきで悪者扱いされ、引き出し屋に代表される「ひきこもり支援」の組織達によるネガティブキャンペーンも盛んだった過去と訣別して、大気汚染やエネルギーの浪費を抑制したり、交通事故やマイクロテロの抑止策として自宅でお金をかけずに快適な暮らしを営む行為で社会貢献を実現するエシカルライフのフラッグシップとしての地位を獲得しつつあります。今ならCOVID-19パンデミックの抑止策としての効果も認められて、その地位は益々向上。大気汚染の抑制効果によりぜんそくに苦しむ子供達を救ったりと、この優れたライフスタイルを支持する人達も増えて、「巣ごもり消費」、「おうち時間」、「おこもり」等 “STAY HOME” の掛け声と共に、賢者の暮らしとしての理想像にもなっています。引きこもり生活が定着したのです。

 もう、どうにも止まらなくなった「ひきこもり」の進化。この生活様式にかかる世界的なビッグウェーブに乗るか溺れるかを決めるのはあなたです。