新年早々始めちゃいましたw

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

部屋の片付けも順調に進めて、照明の更新も済ませて、快適な引きこもり生活を続けていたら、あっという間に年末年始休暇最終日。あぁ、もっと引きこもれる日が欲しいw
そんなことをしているうちに、Google Nest Mini の無料進呈クーポンが届いていたので早速注文。今日届いて早速セットアップ。今のところは天気予報や交通状況を教えてくれるぐらいだけど、追々照明とテレビのの制御でも追加していきましょうか。個人的にはBluetoothスピーカーとしても使えるところがツボで、スマホやタブレットのポッドキャスティング再生により聞き取りやすい再生環境が構築出来るだけでもよしです。ちなみに無料配布をやっているとなれば、当然必要の無い人も、もらえるのならもらっておいてメルカリやヤフオクで小遣い稼ぎをする手があるけど、そんなKOJIKI達のおかげで新品未開封のタマが送料込み2~3千円程で買える様になっています。つまり、6千円で買うのはアホらしいということ……というわけで、もう一台買ってステレオ再生環境を作る事にしました。まだ注文しただけでブツが到着していないので感想は後日気が向いた時にでも。

照明の話に戻って、交換用の電球を探していたらなんと、パナから温白色の電球形LED照明がでているではないですか。登場が二年早ければ自分の部屋も総温白色に出来ていたのにorz
かつて、このメーカーからは松下電産時代に蛍光灯で温白色相当の「ウォーム色」が出ていて、引きこもり生活に目覚める前の筆者も、癒やし効果抜群の電球色よりも作業性の良さそうな色だなと飛びついたところ、予想以上の快適さにやめられない状態になったものの、気が付けば廃止されて電球色のみになって悲しい思いをしたことを思い出しました。
それが、LED照明の普及と共に、温白色が見直されつつあることにもう感激するしかないでしょ、って感じですよw 僕の場合は調色機能付きの機種を選択して自分で設定したけど、癒やしと視認性の良さが両立されたいい光色ですよ。今度こそ、普及して欲しいです。

今年もあと僅か

 単に日付が変わるだけでそんなに騒ぐなよといっても、やっぱり身構えたくなるこの時期。片付けやLED化が出来ない蛍光灯管球の交換を済ませ、年越しそば(当然半額見切り品)も食い終えてデザートのメロンを愉しんでいる最中。今年は世界全体が大騒ぎの年でしたが、来年はどうなることやら。恐らくオリンピックの反動祭りが来そうで今から楽しみですよw
きっと、本当のビッグウェーブが来るのかも知れません。

それでは、明日、一億総引きこもりの日に備えて酒でも呑みますか。

引きこもり生活は誰もが愉しめる暮らしです

 気が付けば今年もあと僅か。引きこもりに対して悪意を持つ者達の嫌がらせは相変わらず続いているけど、味方も増えました。

まずは、バブル期入社組の大量解雇開始。バブル経済全盛期に社会人となった方々は既にバブル経済崩壊時に洗礼を受けている人達も多いので今更な感じもするけど、もう五十代になった辺りなら資産作りもバッチリ出来ていて、肩の荷も下りたということで早期リタイアに挑戦される方も多いでしょう。その選択肢に引きこもり生活はぴったりです。まさか、資産作りをやっていなくてサイレントテロに走ったりはしないと思いたいけど、そんな人、いますか?w

続きを読む →

高級スーパーのコストパフォーマンスは侮れない

 気が付けば、田舎の中堅スーパーもいかりスーパーや紀伊國屋スーパー張りの上質路線に転換したところが増えています。

昔、西宮に住んでいた頃。月一の贅沢は梅田や三宮のデパ地下が最強だと思い込んでいたところに、親戚の人から「あんたの近くにいかりスーパーがあるのになんでそこで買わないの? 他のスーパーより絶対的な価格は高いけど、デパ地下よりは同じ物が遙かに安いのに。お金をかけずに贅沢ができる確実な選択肢だよ。」そんなアドバイスに目を覚まして以来、月一の贅沢はいかりスーパーで愉しむ習慣が付いていました。
梅田や三宮への遠征費用や時間も節約できて、その分いかりスーパーで欲張ったり購入した商品を愉しむ時間も増えるといいことずくめでした。

続きを読む →

駆け込み購入祭もラストスパート?

 来たるべき消費税増税に備えてのラストスパートも残る二日の今日は意外と静かで、それでいてしっかりと増税対象の生活必需品である日用雑貨を大量に買い込んでいる方をチラホラ見かけました。
僕も中近東の拠点爆破騒動で原油の価格自体が値上がりした後ということもあってか、行きつけのGSはガラガラでしたが増税前の給油を済ませました。
でも、自転車を買っておいて良かったです。ガソリン代がリッター三円ほど高くなっていましたが、これからも増税と併せてガンガン値上がりしていくでしょうから、近場は自転車で移動するようにして必死の節約に努めていくことになるはずですから。