引きこもりブームの終焉が始まるか?

 この間ラジオNIKKEIを聴いていたら、「巣ごもりバブルの崩壊」についての話題で盛り上がっていました。いうまでも無く尼やFBの経営不振&人員削減が発表されたことから巣ごもり消費が飽きられてきた、という結論なんだそうです。

 その一方で、世間の流れに乗るために仕方なくやってみたステイホームな日々が意外といいもんだと引きこもり生活の良さに気付いて、今の暮らしに中に採り入れている人々も増えています。

 引きこもり生活者達の必須SNS、RoomClipの記事(2021年だがw)にも、

今年の傾向は「ニューノーマルの定着」と「映えから心地よさへ」

1:突然のステイホームから1年。ニューノーマルは暮らしに定着
2:「映える生活」から「心地よい暮らし」への移行は、ウェルビーイングの時代を反映
3:今後も注目の「一人暮らし」の住まい方、暮らし方

https://lab.roomclip.jp/contents/award_2021/

 これらは、間違いなく引きこもり生活(者達)が先立って提案してきたこと。他人とは比較しない、自分の満足度を高めていくための暮らし。去年の記事ですが、2022年現在でもこの傾向は益々広まって引きこもり生活の定着が進んでいます。

ひきこもり支援連中辺りの利権確保目的である「ひきこもりは悪」の腐敗したでっち上げに惑わされることなく各々に相応しい理想のライフスタイルを創って行こうではありませんか。

引きこもり生活と節約・ダイエットの共通点

 以前に、引きこもりでいることを苦しむことは甘えであり怠けという投稿をしましたが、引きこもり生活を楽しむ事って、世間でよく言われている節約やダイエットを楽しみながらやれば続けられることと同じなのかなと思ったりします。

 次のリンクにある動画は、引きこもりなら迷わずチェックしているであろうKentaro.【一人暮らしと貯金】チャンネルの新作(埋め込みが許可されていないためリンク)ですが、節約貯蓄を楽しみながら実行する方法が説明されています。まずはご覧を。

 引きこもり生活なら真っ先に思い浮かぶのがインターネットや情報機器、そして白物家電の活用。自分ひとりでは活用方法が思い浮かばないよと言う人も、小森ひき子さんや吉田研究所辺りのチャンネルがあるし、ウェブサイトにはその手の情報は腐るほど溢れるように掲載されています。

 自炊一つとっても、スマホにはすぐ実行出来る方法が溢れているし、材料は近所のスーパーやドラッグストアに溢れている。我々はムダな外出をしない引きこもり。勿論ネットスーパーや食材の宅配サービスを活用することも有りです。

 今の引きこもりとは、自宅でできることを見つけて実践し、更なる可能性を追求して「ひきこもりの高み」を極めていく。甘えているひきこもり、怠けているひきこもりは今後淘汰されていくことでしょう。

甘えて怠けるひきこもり達と甘えたり怠ける暇すら無い今を生きる引きこもり達との違い

 ひきこもり達を評する際によく言われるのが、「甘えている」、「怠けている」という言葉。このサイトをご覧の方なら、それらの言葉が単なる彼らの羨望に基づく妄想・思い込みの発言であることにお気づきと思います。

 では、こういった心も知能もない発言が未だに絶滅しないのは何故なのか。自分なりに考えてみました。

 まず、世間で紹介されるヒキ達は、部屋の中でやることがゲームやテレビ視聴といった娯楽商品の消費が大半で、通信制高校や放送大学を使った在宅学習や動画にウェブサイト制作、SNS投稿等といった学びや各種生産活動を行っていないケースが多いとされています。となれば、ブラック企業に勤めてブラック労働にはめ込まれている「働いたら負け」な状況下に置かれている人達が「ヒキ達は部屋の中でいいことばかりしてズルい」と妬み心をメラメラ燃やしてヒキ叩きに狂う。といった状況が動画サイトのコメントやSNS投稿に現れています。勿論悪徳ひきこもり支援ビジネス関係者の自作自演も考えられますがw

自宅でできることを見つけられないことも「甘えや怠け」である

 あの、小森ひき子さんの動画チャンネルで引きこもり生活をエンジョイする動画に対して「苦しんでいるヒキもいることを知って欲しい」と見当違いなコメントを書いた白痴がいましたが、彼は苦しんでいるところも見たい変態趣味丸出しなセクハラコメントまで投稿していました。反社・カルト宗教の巣窟であるひきこもり支援連中による自作自演ネタコメントの可能性もありますが、部屋の中で出来ることが沢山ある御時世に苦しむことしか出来ていない時点で「甘えて、怠けている」という事実。そして引きこもり生活をエンジョイしている人達を妬む。まさに甘えて怠けているひきこもりそのもの。ひきこもり支援連中が喜んで鴨にしそうなタイプのヒキを象徴する存在です。

引きこもりを極めるためには甘えや怠けてなんかいられない!

 何度同じ事を書いたのだろうか。引きこもり生活を極めるためには、自立が必要。ひき子さんはそれを実現している。ひきこもり支援連中は自己肯定感のない生き物で占められているらしく、自分より弱そうな「ひきこもり」達に対してならマウント取れると意気がっているようだけど、今やそんな人達は少数派。今を生きる引きこもりシーンの最先端を走る人達は全く違う人種の引きこもり達でひきこもり支援連中の思惑思い込みなど全く通用しない。だからひき子さんやちきりんさんへの中傷行為は恥ずかしいほどの見当違い。となれば、ひきこもり支援は意味の無いゴミビジネスだし、甘えだの怠けているだのの非難糾弾も見当違い。外出しなくても出来ることの存在を学んだ賢者のライフスタイルとしての引きこもり生活だけはこれからも生き残っていくことでしょう。

「おたく」は進化した、次は「ひきこもり」が進化する番だ

 前回の投稿などで、過去に何度も書いてきた「ひきこもり」の定義や価値観は時の流れと共に変貌を遂げている、という主張。今更ですが、これと似た事例が思い浮かびました。「おたく」です。

 おたくもかつては東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人に代表される社会と断絶してマニアックな趣味にのめり込み、己の快楽追求の為なら他人社会の破滅を引き起こしても構わない、という究極の自己中の象徴のごとくマスメディアに取り上げられ、只のマニア達も散々叩かれ続けるなどの風評被害を受けるようなこともありましたが、今では趣味を極めて人生を愉しむ人々の象徴として扱われています。

 そう、次は「おたく」のように「ひきこもり」がネオむぎ茶でおなじみ西鉄バスジャック事件の犯人との強引な結びつきで悪者扱いされ、引き出し屋に代表される「ひきこもり支援」の組織達によるネガティブキャンペーンも盛んだった過去と訣別して、大気汚染やエネルギーの浪費を抑制したり、交通事故やマイクロテロの抑止策として自宅でお金をかけずに快適な暮らしを営む行為で社会貢献を実現するエシカルライフのフラッグシップとしての地位を獲得しつつあります。今ならCOVID-19パンデミックの抑止策としての効果も認められて、その地位は益々向上。大気汚染の抑制効果によりぜんそくに苦しむ子供達を救ったりと、この優れたライフスタイルを支持する人達も増えて、「巣ごもり消費」、「おうち時間」、「おこもり」等 “STAY HOME” の掛け声と共に、賢者の暮らしとしての理想像にもなっています。引きこもり生活が定着したのです。

 もう、どうにも止まらなくなった「ひきこもり」の進化。この生活様式にかかる世界的なビッグウェーブに乗るか溺れるかを決めるのはあなたです。

ひきこもり/引きこもりは賢者のライフスタイルとして選ばれている

 リーマンショック後に発生した短い春であった、「巣ごもり消費ブーム」に今話題のウイルスパンデミックで普及が加速したテレワーク。外出を選別する動きは地殻変動のごとく、ゆっくりと、かつ力強く行われています。
外出が費用と時間と労力の浪費であることに気付いた人々が増えて、又一つ、人類の進化が始まっているのでしょう。

 あの、ちきりんさんもそんな引きこもりシーンの変貌を察知して取り上げています。

進化版ライフスタイルとしての「ひきこもり」

https://chikirin.hatenablog.com/entry/2020/12/04/130304

自宅の中で出来ることが増え続けている現状を直視して、やらなくてもよいことを徹底排除して、必要なことを極めていく。まっとうな思考回路を持つ者であれば当然の行いを多くの人が選んでいます。

引きこもりは賢者のライフスタイルであり、引きこもり生活は賢者の選択である、という価値観が確立されています。もう逃れることの出来ないビッグウェーブには、乗るしかありません。