また一つ、ひきこもり支援の闇が照らされたw

 仕事や稽古に必死だったのでサイト更新は実質放置状態。折角の夏期休暇も、前半は部屋や車の清掃、パンやケーキ作りにスマホ端末更新で休日を過ごしている実感の無い、「今時の引きこもりあるある」状態でしたがそれらも一段落して、ようやく休日らしい過ごし方が出来そうです。

 オタクのように、引きこもりの良い面が注目されている今日この頃。「ひきこもり支援」の闇が次々と暴かれていますが、ひきこもり支援の大半が反社会的勢力とカルト宗教団体であるという事実も明るみに出ています。

 以前にも似たような動画を載せましたが、再度復習をw

全国100万人 ひきこもり社会参加へ自民がプロジェクト初会合【Nスタ】

 この方に関しては、皆さんもご存じの通り、統一教会(現家庭連合)や日本会議グループとの「密な関係」が噂されていた人ですが、7月の中旬辺りから「噂が事実である」という情報が続々と公表されており、引きこもりシーンにも利権目当てのブラック企業や反社集団だけで無く、宗教団体の振りをしたクレイジーカルトの魔の手も忍び寄っている恐怖の現実を目の当たりにすることとなりました。

自己評価は異常に高いが、支持率は「0%」…旧統一教会の名称変更当時の文科相・下村博文の“野心”とは(文春オンライン)

 まず、政治家・下村博文の“魅力”をあげます。
〈「清和会(安倍派)の実行部隊のように見える」
「その割には発言がフラフラしてあまり自分の立場をわかってなさそう」
「しかし自己評価はとてつもなく高い」〉
 いかがでしょうか、下村先生にちょっと興味がわいてきませんか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/e82065039ae670d080943890a3f1d74022a8b195

 個人的にもチャラいおっさんだなとは思っていましたが、そのチャラさは本物のようです。思えば、引きこもりを前向きに捉える人々への嫌がらせが、ある時期から急に増えていましたが、前出の動画にある「日本最大の宗教系政党」がヒキ支援をぶち上げた頃とその時期とが同じタイミングであるのではないかと思ったら気のせいでは無い事実だったわけで、やっぱり某政党といいますか、某政党を支援している壺メンバーも総動員して引きこもりに対するネガティブキャンペーンが行われていたみたい。以前も書いたけど、ひきこもりを悪者扱いしないとこの手の商売は成り立たないわけですし、「社会参加」と称したブラック企業だけで無く某団体のン百万円の壺や一袋二千円の珍味を売りに行かせる為の奴隷としてかり出されてしまう可能性もあるわけで、ひきこもり支援には安易に関わらない方が良いと言えるでしょう。

 ……と書いてきましたが、資金計画等からいつまでヒキ出来るかをシミュレーションしてそこから収入を得る計画を立てて自力で快適なヒキ生活が出来るように導いていくなどの比較的まともなひきこもり支援が存在することも事実で、そういった所や人達は当然メディアへの露出もほぼ無く、引きこもりと同じくひっそりと活動されているので、ここで晒すようなことは勿論出来ません。晒したら我々同様に反社会的勢力&カルト宗教団体が運営・支援する連中から嫌がらせを受けますから。

 それにしても、統一教会の壺を千円で買ってきたけど、ほんと壺としての使い道全然ないなぁ。スタイルも上半分が妙に太くて下半分がやたら細いので置物としても不安定だし。腹いせにたたき割ってやりたいところだけど、ムダに分厚い大理石製でどうやってやっつけてやろうか思案中ですw

引きこもれなくてイライラしている

 引きこもりについて検索していると、よく検索候補に「ひきこもり イライラ」というのが出てくるので、きっと「引きこもりたいのに引きこもれなくてイライラしている人が多いのかな」と思って覗いてみたら……

ひきこもりにみられる症状と対応 – 愛知県

ひきこもりに見られる状態
「昼夜逆転の生活を送る」
「なんだかイライラする。暴力をふるう」

「同じことを何度も繰り返し、止められない」

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/seishin-c/hikikomori2.html

 馬鹿馬鹿しい。今時そんなヒキなんていねぇよ。セルフネグレクトと勘違いしているでしょ。大体あんた達のいう「イライラ」は他人との比較によって生じているものだから、マイペースに暮らしていれば、イライラすることなど決して無い。実家暮らしのヒキによくあると地上波テレビなんかのネタにされているけど、親が勝手に自分の願望をヒキな子に押しつけて彼らにイライラを扇動させているなんてのもこの手の番組でよく見かける光景。もううんざり

昼夜逆転に関しては人それぞれ。自分なんかは完全な昼型で昔設備管理をやっていた時なんかは夜の仕事でも「仮眠」の時間はしっかり熟睡していましたね。警報が鳴ってもガン無視w その実績が評価されて昼の職場へ配置転換。そして昇給と嬉しい結果に。つまり、ヒキだから昼夜逆転の生活を送るとは限らない。そもそも県の職員(愛知県警察官など)が24時間起きっぱなしの仕事をすることもあるのに「身内」をディスるような事を書くのはどうだろう。やっぱりおかしいですよ。多様性を否定する今大流行のSDGsのポリシーにも反する文章。愛知県のイメージダウン間違い無しです。

 とにかく呆れるばかり。引きこもり生活は「持続可能な開発目標」に合致した生活様式として、国連が定める前から実践しているのに、なんで叩かれなきゃいけないのでしょうかねぇ。見方を変えれば、引きこもり叩きをしている連中は国連の目標が気に入らないというアンチSDGs、例えば家庭連合(統一教会)や日本会議グループの関係者なのかなと疑ってしまいますよ。

 そういえば、ひきこもり支援の連中といえば、反社会的勢力がサイドビジネスとしてやっていることは皆さんもご存じの通りですが、最近では宗教カルト組織や特定の政党の支持を依頼してくるところも現れているという情報も寄せられています。ひきこもり支援組織にはくれぐれもお気を付け下さい。

節電の切り札は、電子レンジ!?

 もう、気温40℃超の地域も現れて、空調の整った場所での引きこもり生活が必須となった今日この頃。皆さん快適に引きこもっていますか。

 空調には電力が必要。ということで電力消費量もうなぎ登りで節電ブームが始まりましたが、空調面での工夫だけで無く引きこもり生活で必須の自炊にも節電のポイントがあります。自炊時の加熱調理にコンロでは無く電子レンジを中心に見据えることです。
 お気づきの通り、コンロの利用は周囲の気温を上昇させます。その分冷房の負担も増えて電力消費を増やしてしまう。レンチン調理なら対象だけを加熱するので気温の上昇を抑えられて、冷房の負担を減らせる。しかもレンジ調理はコンロ加熱よりも短時間で済むので消費電力量が少なくなる筈。何よりも室温の上昇を抑えられるから熱中症の不安とは無縁。今ではクック膳や耐熱ガラスボウルを使った調理方法も充実してあんなことやこんなコトも出来るようになった。電子レンジも加熱ムラが少なくなり前記の調理方法が失敗知らずで出来るようになり、益々便利に。現在の引きこもり生活には欠かせない存在となっています。

下ごしらえした材料を耐熱ガラス製ボウルに入れるだけ。

ワンボウルメニュー | スチームオーブンレンジ・電子レンジ | Panasonic

https://panasonic.jp/range/feature/onebowl.html

 某電機メーカーが新機能の提案をしただけだと思われたこの調理方法も、時短&省エネ調理の切り札として他のメーカー・機種でも出来る汎用性の高い方法が編み出され、レシピサイトなどでも普及。いつの間にかちょっとしたムーブメントになっています。

 この流れを引きこもり達が逃さないわけなどありません。野菜類の茹ではレンジの自動調理メニューでお湯を準備しなくてもいいので時間と光熱費の節約。栄養価も減りにくい。そして、食った後の後片付けも楽。正に、早くて安くてうまいが自宅内で完結。もう、反社会的勢力ブラック企業外食チェーン店の出る幕はありません。

 この暑さはいつまで続くか分かりませんが、油断せずかつ気楽に対応していきましょう。

ひきこもりとセルフネグレクトの関係

 テレビや5ちゃんねる辺りで出てくる「ひきこもり」の部屋は、くっさ~いゴミ屋敷の風景が映し出されたりします。

例えば、これ。

引き出し屋の有名ブランド、ワンステップスクール

 伝説となった有名引き出し屋、ワンステップスクール某です。以前にも書いたけど、40代のヒキが母親亡き後自宅をゴミ屋敷にしてものだから父親が遁走してしまい、それでも自宅に未練のある父親が引き出し屋へヒキ息子の「退治を依頼」する内容。これは、「母親がこの世を去った頃からゴミ屋敷が始まった」という事実が重要。つまりヒキ息子は父親のことを嫌っていると考えていいでしょう。大嫌いな父親に対してゴミの砦を作ってひきこもるという「ベルリンの壁」(死語)状態。でもこれって、単なるセルフネグレクト。それを実践するためにゴミ屋敷にひきこもるという方法論を実践しただけなんだよね。

ひきこもらないセルフネグレクトの方が多くないか

 で、次はセルフネグレクトを取り上げた動画。

セルフネグレクト【報道特集】

 この動画の1分14秒辺りから「借り主は3年前から家賃を滞納し失踪」とあるようにゴミ屋敷が嫌で部屋から遁走しています。彼は全然ひきこもっていません。引夫が昔居た職場でもゴミ屋敷に住んでいる人がいて、部屋のゴミが溢れそうになって住みづらくなる度に転居を繰り返す人がいましたが、小遣いがもらえるからと転居の手伝いをやったという職場の人達は異口同音に「いらない物は捨てるなりメ○カリで売るなりすればいいのに面倒くさいって、俺らに小遣いやるよりそっちの方がお得なのでは?小遣いに釣られて手伝ったけど、やっぱり理解出来ない」と。

 ひきこもらないセルフネグレクトな人達。言い換えれば、ひきこもりは必ずしもセルフネグレクトであるとは限らないのです。

自暴自棄とは無縁な、今を生きる引きこもり達

 そして、現在はライフスタイルのメインストリームとなった引きこもり生活。所謂「ヒキコモリスト達」も増えて、賢い生活様式の一方法論としてすっかり定着しました。そうなると引き出し屋などのひきこもり支援連中にとって「商売あがったり」になってしまうので、ヒキコモリスト達への嫌がらせが相次いだりもしましたが、連中のビジネスモデルが次々と世間に晒されることになってからは、地下潜伏状態になったり宗教団体カルト組織や金に汚い議員達に泣き付くようになっています。

自民ひきこもりPTが菅首相に提言案を提出 金になるんだろうなw

 でも今を生きる引きこもり達は、何処吹く風。自宅の快適な暮らし向上と大気汚染抑制などのよりよい社会づくりに貢献し続けているのです。

やっぱり「ひきこもり支援」は「ブラック労働支援」だった

 ひきこもり支援を謳った団体が大抵やっていることと言えば、「就労支援」。この、ヒキ脱出は事業者の被雇用者になることが前提となっていることに筆者は疑問を感じていました。もしかして、ヒキ達をブラック企業へ雇用させることが目的なのでは無いのか。悪徳職業紹介業者と組んでヒキこそ行きたくも無い、ヒキで無い者達も当然選ぶ訳の無い超絶ブラック企業へ「タマを送り込む」ことがひきこもり支援の本質なのではないのか。その疑いが晴れる情報を手に入れました。

Google口コミに、ある公的機関についての投稿があったので、紹介します。

2015年頃から1年4ヶ月働いたのに、就職のしゅの字の気配すらなく奴隷のように働かされた。軽作業で、夏の炎天下で野外労働もあったが、給料は雀の涙。おまけに管理者らは上から目線で嫌なことばかり言って、こちらの気勢を削ぐ。家の方でも父の認知症が進行し、母はヒステリーを起こしまくった。母が強制的に入所させたから全て母が悪いのだが。こういう事業所は金にニオイがしてくると常に利用者に無理を言ってくる。ここに通っていた時期のことは思い出したくない。就職の助けにもならないので、行かないほうがいい。(星一つの評価)

私も相談や話を聞いてもらっただけど、
何も助けにならない
おまけに担当者は何もやってないのに、
就職が決まった事を報告する書類にサインして
提出させ、あげくは自宅に返信用封筒を
送り付けて、雇用契約書の写しを送って欲しいと
きた。なんの為にそこまでしなければ
ならないのか納得出来なかった。
あんまり、頼りたくないわ。(当然評価は星一つ)

 簡単に言えば、引き出し屋から暴力性を抜き取ったようなものでしょうか。でも一つ目の「給料は雀の涙」って具体定期な金額はいくらなのでしょうか。もしかして、最低賃金すらもらえていないのでしょうか。公的機関絡みだから流石にそこまで酷くはないと思いますが、「働いたら負け」状態だとやっぱり敬遠したいですよね。

 これらを見ても、やっぱりひきこもり支援って「営利事業」なんだなぁ、と思いました。だって参入障壁が低くて、一応は政府も力を入れているらしい事業だから助成金などももらえるし、もしかして俺でも「ひきこもり愛」を謳った独自の支援策ぐらい思いつくからそれをネタにしてがっぽり稼げそうな気がしてきましたよw ……って、かつて流行って社会問題にもなった貧困ビジネスと同じ流れになりそうですね。

 この、引き出し屋と並ぶ真の社会問題には、何故かマスメディアはスルーしていて、動画サイトなんかで一部の賢い人達がネタにしている程度だけど、これからブレイクする話題となっていくことを切に願ってやみません。