引きこもり生活で始める節約生活

 このサイトは、引きこもりシーンの最前線を追い続けることを使命としていますが、この間ググっている時に「引きこもり 節約」という検索候補が表示されていることを発見。早速検索結果を表示させてみると、このサイトが開設された約十年前とは打って変わって、豊富な情報が満載された状態に。改めて引きこもり生活の普及が進んでいることを痛感させられます。
 ここで、もう一つの発見。多くのページが2020年以降に作成されたものであるということ。これは、明らかに「パンデミック」による外出自粛要請を反映した新たな引きこもり生活ブームに基づくものであることは明白です。

人々の資産と生命をも守る引きこもり生活

 ブログ時代に「引きこもり生活で借金の返済を捗らせることが出来て自殺せずに済んだ」とか、「年収二百万円でも資産作りが出来るようになった」と感謝されたことがありました。
 この時点で引きこもり生活が人々の生命と財産を守る社会福祉を向上させる社会貢献型生活様式であることを意味するものに間違いありませんが、彼らは只なんとなく引きこもり生活を始めただけで無く、日常生活でも何故を五回繰り返すなどの問題意識を持った暮らしを続けた結果が各々の望む結果と一致したのだと思います。

引きこもり生活で得られるものとは、「豊かさ」

 引きこもり生活で、お金をかけずに豊かな暮らしを実現することが出来るようになった今、庶民が皆貧困化しているこの島で生き延びる数少ない生き残り術としても、引きこもり生活が注目されているのかも知れない。今回google先生が教えてくれた検索候補が新たな引きこもり生活の可能性を一つ、気付かせてくれました。

 最後に、引きこもり界の女神による食費節約術をご覧下さい。
【ひきこもり女一人暮らし】ひきこもり的節約術教えます!1ヶ月の食費8000以下で生活している解説、栄養面も完璧!

【ひきこもり女一人暮らし】ひきこもり的節約術教えます!1ヶ月の食費8000以下で生活している解説、栄養面も完璧!

引きこもり生活がもたらす経済効果 (202107)

 毎回同じこと書いているのかという指摘も来そうなので、定期的に現実で起こっていることを収集しておく為の記事として投稿しようかなと思った次第。勿論気まぐれ不定期の投稿ではありますが。

家具・DIY関連が大賑わい

コロナ時代をどう戦う? IKEA、ニトリ、無印、それぞれの戦略

 コロナ時代の小売業はどうあるべきか。コロナ前の常識は捨て、Withコロナで生き残る企業になるためのシフトチェンジが求められています。
……巣ごもり消費によって、家の中で使用する商品の需要が高まりました。……
 自宅のテレワーク環境を整えるためのオフィスワーク家具や、家の中を整理する収納家具がよく売れました。また、家事をする機会も増えたのでキッチン雑貨などのリビング系商品も好調でした。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/28/news010.html

 このサイトを見ている皆さんなら、当然の流れだと気付いているでしょう。ニトリやIKEAは引きこもりのおかげで快進撃。リーマンショック以降から始まったこの流れは、益々強くなっていくばかり。近所のホームセンターも、このクソ暑い最中客が溢れてきわどい密状態の店舗が殆ど。引きこもり生活の基本的な拠点となる、自分の住みかを整備していくことは引きこもり生活における基本中の基本となる事柄なので、この状況が定着することも不可能では無いでしょう。

家電馬鹿売れ

 引きこもり生活の必須アイテム、家電が需要増大でメーカーも販売店も儲けはさておき、売り上げの方は留まるところを知らない状況。

家電量販店大手の決算 “巣ごもり需要”で大幅な増益相次ぐ

新型コロナウイルスの影響で外国人観光客の需要は減少したものの、自宅で使ういわゆる巣ごもり需要が高まり、各社とも大型テレビやパソコン、冷蔵庫それに調理家電などの販売が好調で、利益を押し上げた形です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210506/k10013015501000.html

 部屋をキレイにするための掃除機や各種空調衛生設備に、食生活を豊かにするための調理家電、娯楽商品で束の間の癒やしを得るのなら、質のいい映像音響設備を整えておきたいし……と、引きこもりなら家電へのこだわりは人一倍であることは今や常識と言ってもいい状況ですが、有機ELテレビの売れ行きが堅調という話を聞いてなんとも羨ましい限り。

 もうこうなったら、家・部屋そのものを快適な仕様に作りかえちゃえと住宅リフォームの需要も高まっているとかで住宅関連も何かとお忙しいとか。ある住設関連のショールームは連日来客が絶えなかったり、運送業も宅配や食品関連だけで無く住設機器の運送が中心の事業者も人手確保に腐心している、という話を聞きます。

引きこもり生活は社会貢献、という事実

 まさに乗るしか無いビッグウェーブが収まらなくなっている状況。巣ごもり消費のアドバイスを行うサイトも数え切れないほど増えて、自宅をはじめとする各々お気に入りの場所で引きこもり生活を営むライフスタイルが定着しています。
引きこもり生活がエシカルライフやSDGsのメートル原器となる日も遠くは無いでしょう。

引きこもり生活がもたらした好影響(?)あれこれ

 寒さもやっと強くなって冬到来。低温度低湿度というウイルスの活動に相応しい気候になってきたのなら、もう引きこもるしかないでしょ、というわけで引きこもり生活がもたらした出来事を二つほど。

インフルエンザ激減 例年「流行期」入りで数百人感染も今年はわずか3人 兵庫県 – 神戸新聞電子版

 兵庫県内のインフルエンザ感染者の報告が、8月末から今月22日まで、3人にとどまっている。
– 中略 –
 兵庫県医師会理事(公衆衛生担当)で、芦屋市で診療所を開く平林弘久さん(57)は「インフルエンザの爆発的流行は例年1、2月が多く、この時期が焦点になるだろう」と指摘している。

https://www.kobe-np.co.jp/


 引用元の記事にもあるように、インフルエンザの流行が本格的になるのは年を越してからになるので、引きこもり生活に代表されるCOVID-19対策のノウハウを生かしてウイルス対策を万全なものにしたいですね。

 次は、一億総引きこもり時代に適応する百貨店の記事。

三越伊勢丹/オンラインで百貨店の接客「シームレスサービス」開始 – 流通ニュース

~ 6月から、伊勢丹新宿店のランドセルを対象に、オンラインチャット相談とzoomによるオンライン接客をトライアルスタート。自宅にいても販売員(スタイリスト)とつながるワントゥワンサービスを提案する。 ~

https://www.ryutsuu.biz/


 イオンに続いて、百貨店も(ようやく)引きこもり需要の対応を始めました。
百貨店での買い物を自宅などで引きこもって出来る人達といえば、外商がついている顧客だけの「特権」だったけど、今では一般客でもオンライン接客が出来るようになったから、一部の自動車ディーラーなどが始めていたところに伊勢丹も参入決定という嬉しい出来事。
それなのに、飲食や観光産業はGO TOナントカが無くなると業界もなくなりそうだと利権確保に必死で見苦しい。飲食店も持ち帰り商品の展開などで巣ごもり引きこもり時代の適応を進めているところもあるし、観光も新業種の開発に必死ところもあると聞いているけど、ブラック企業が跋扈する業界だけにいざ状況が不利になると、「甘えたこと」を言い出すのでホント笑える。

あのウイルスが蔓延しなくても、巣ごもり消費&引きこもり生活が普及することは約束されたも同然の状況なのに、今頃何慌てているのでしょうかねぇ。
全然自助努力していない。これ以上税金の無駄遣いを増やすような真似はやめて欲しい。

引きこもり生活は、普及した。後は定着するかだ。

 「引きこもり生活 楽しい」でネット検索すると、ライフスタイル系のブログやサイトが検索結果の上位を占めるようになっています。まだ普通のブログだったこのサイトが出来た頃の検索結果だと、「問:ひきこもり生活は楽しいですか? 答:いいえ楽しくありません、辛いです!」という嘘くさいQ&Aが載った、ひきこもり収容施設なんかの宣伝ページが中心で、その中に混じってこのサイトの一部もランクインしていたりする、といった状況だったのとは雲泥の差。COVID-19パンデミックは、人々のライフスタイルを大きく刷新したんだな、と只呆然とするだけです。

リーマンショックの頃も、「巣ごもり消費」なる言葉が現れて、引きこもり生活普及のきっかけが芽生えたものの、ほとぼりが冷めると無かったことにされてしまい、ガッカリさせられたものですが、今度は引きこもり生活普及のビッグウェーブは本気出しまくり。外出を抑制しても楽しく暮らせることに気付いた人達がどんどん増えて、留まるところを知らないような状況となっていることは、以前の投稿でも紹介したとおり。動画サイトのVLOGなんかが引きこもり自慢状態となっていた時もあって、引きこもり生活の普及を願っているものとしても、唖然としてしまった思い出は一生忘れられないものとなるでしょうw

マスメディアが取り上げなくても、気が付けばあっさりと普及した引きこもり生活。サイレントテロの様にしっかりと定着するのか。ここからが正念場なのかも知れません。このサイトも引きこもり生活がライフスタイルの一選択肢として定着するために様々な活動に参加していきます。

本当に必要な物だけが残っていく

 新型コロナウイルスの感染を抑制するために皆が引きこもっている。
一億総引きこもり状態で経済の流れが止まってしまうと嘆く者もいるけど、本当に必要な物なら途絶えることがあってはならない物であるはず。仕事も遊びも私生活も自宅で済ませることが出来る物で溢れている御時世、引きこもらずにやらなければならないことは僅かだ。
もう、部屋の中に引きこもっているから何も出来ないという言い訳は成立しない。

今すぐ、部屋の中で出来ることを始めよう。

きっかけは、貴方の目の前にある、スクリーンが教えてくれるのだから……