イオンの600億円投資

 引きこもりにとって必要な小売業はコンビニエンスストアでなく、スーパーマーケット、ドラッグストアにホームセンターなど。今度こそは定着間違い無しの巣ごもり消費を支える存在となる、業績が良くなって当たり前の業界ネタを何故このサイトで取り上げたかというと……

イオン、みずほ銀などから劣後ローンで600億円調達
……同社は新型コロナウイルス禍を受けて拡大する巣ごもり需要を取り込むためネットスーパー事業を強化しており、調達した資金は配送センターの建設費用などに充てる。……

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65316460S0A021C2TJ2000/


今回の資金調達で、ネットスーパー事業へ本気を出すという、引きこもりに嬉しい事業方針の決定、そして大手小売りが一億総引きこもり時代の日本発ビッグウェーブ到来を認識して、対応を始めたこと。もしかしたら、今までは移動販売車の到着を待つしかない、生協の宅配や百貨店の外商すら断られる田舎でも在宅消費の歓びを享受出来るかも知れないと思うと胸熱w

勿論、現在ネットスーパーが利用出来る地域でも更なる利便性などの向上が期待出来るので、イオングループの動向には目を離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =