引きこもりが、地球をキレイにした!

 あのサイトで発表した、「ひきこもりコード」。
そこで「ひきこもりは、地球をキレイにする」という項目があります。

 今回は、皆が引きこもることで大気汚染物質からの被爆を回避し、ぜんそくに苦しむ子供達が減少したという記事を紹介します。

子どものぜんそく、昨春は過去10年で最少 外出減り大気汚染のリスクも低下|総合|神戸新聞NEXT
「神戸大などの研究グループは12日、昨年4、5月に神戸こども初期急病センター(神戸市中央区)を受診した子どものぜんそく患者数が、同期比で平年の4分の1程度となり、過去10年で最少だったと発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令され、休校も続き、子どもの外出や人との接触の機会が減少。大気汚染物質を吸い込むリスクも低下したことなどが背景にあるとみている。」

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202111/0014838483.shtml

 この記事が全てを語っています。
引きこもり生活者が増えたことによって、大気汚染に晒される機会が減少したという紛れもない事実。恐らく、大気汚染そのものも減少したはず。それはまさしく引きこもりが地球をキレイにしたという社会貢献活動に他なりません。

 地球をよりよくするために、引きこもり達が部屋の中で目立たずに活躍をしているのです。

投稿者: 引きこもり生活研究家

江戸アケミと手塚治虫の両氏を師と仰ぎ(?)、ヒョウタンツギとこひつじのティミーをこよなく愛する引きこもり生活の研究の余念が無い自称中年男性。

「引きこもりが、地球をキレイにした!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + nine =