今更だけど、寝そべり主義

 中国(大陸のほう)で「寝そべり主義」なるものが普及しています。世間では、中国版サイテロなどと呼ばれたりしていますが、サイテロは社会への抗議活動が含まれているけど、寝そべりは社会への抗議主張などでは無く、あくまでも各々の幸福を追求する活動。引きこもり生活がマイペースなライフスタイルを追求する活動であるように、中国のような社会体制下でも自分の好きなように生きていく動きが広まっていることは、「進化」の一環であることは間違いないでしょう。

 勿論、日本で「ひきこもり叩き」を必死にやっている連中が居るように、中国でも政府が「寝そべり叩き」に無我夢中であることに何かしらの共通性を感じてしまいます。

 これらは、引きこもり生活と寝そべり主義が環境保全や治安維持向上などの社会をよりよくする社会貢献型生活様式であることを示していることに他なりません。

 中国大陸の大気汚染抑制は、寝そべり族の活躍にかかっているのですから。

投稿者: 引きこもり生活研究家

江戸アケミと手塚治虫の両氏を師と仰ぎ(?)、ヒョウタンツギとこひつじのティミーをこよなく愛する引きこもり生活の研究の余念が無い自称中年男性。

「今更だけど、寝そべり主義」への2件のフィードバック

  1. こういうのを政治問題化しない方が賢明なんじゃないか?
    目をつけれらるだけだと思うが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 + 17 =