やっぱり「ひきこもり支援」は「ブラック労働支援」だった

 ひきこもり支援を謳った団体が大抵やっていることと言えば、「就労支援」。この、ヒキ脱出は事業者の被雇用者になることが前提となっていることに筆者は疑問を感じていました。もしかして、ヒキ達をブラック企業へ雇用させることが目的なのでは無いのか。悪徳職業紹介業者と組んでヒキこそ行きたくも無い、ヒキで無い者達も当然選ぶ訳の無い超絶ブラック企業へ「タマを送り込む」ことがひきこもり支援の本質なのではないのか。その疑いが晴れる情報を手に入れました。

Google口コミに、ある公的機関についての投稿があったので、紹介します。

2015年頃から1年4ヶ月働いたのに、就職のしゅの字の気配すらなく奴隷のように働かされた。軽作業で、夏の炎天下で野外労働もあったが、給料は雀の涙。おまけに管理者らは上から目線で嫌なことばかり言って、こちらの気勢を削ぐ。家の方でも父の認知症が進行し、母はヒステリーを起こしまくった。母が強制的に入所させたから全て母が悪いのだが。こういう事業所は金にニオイがしてくると常に利用者に無理を言ってくる。ここに通っていた時期のことは思い出したくない。就職の助けにもならないので、行かないほうがいい。(星一つの評価)

私も相談や話を聞いてもらっただけど、
何も助けにならない
おまけに担当者は何もやってないのに、
就職が決まった事を報告する書類にサインして
提出させ、あげくは自宅に返信用封筒を
送り付けて、雇用契約書の写しを送って欲しいと
きた。なんの為にそこまでしなければ
ならないのか納得出来なかった。
あんまり、頼りたくないわ。(当然評価は星一つ)

 簡単に言えば、引き出し屋から暴力性を抜き取ったようなものでしょうか。でも一つ目の「給料は雀の涙」って具体定期な金額はいくらなのでしょうか。もしかして、最低賃金すらもらえていないのでしょうか。公的機関絡みだから流石にそこまで酷くはないと思いますが、「働いたら負け」状態だとやっぱり敬遠したいですよね。

 これらを見ても、やっぱりひきこもり支援って「営利事業」なんだなぁ、と思いました。だって参入障壁が低くて、一応は政府も力を入れているらしい事業だから助成金などももらえるし、もしかして俺でも「ひきこもり愛」を謳った独自の支援策ぐらい思いつくからそれをネタにしてがっぽり稼げそうな気がしてきましたよw ……って、かつて流行って社会問題にもなった貧困ビジネスと同じ流れになりそうですね。

 この、引き出し屋と並ぶ真の社会問題には、何故かマスメディアはスルーしていて、動画サイトなんかで一部の賢い人達がネタにしている程度だけど、これからブレイクする話題となっていくことを切に願ってやみません。

投稿者: 引きこもり生活研究家

江戸アケミと手塚治虫の両氏を師と仰ぎ(?)、ヒョウタンツギとこひつじのティミーをこよなく愛する引きこもり生活の研究の余念が無い自称中年男性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + one =