ごあいさつ

なぜ、引きこもり生活が選ばれているのか。

 今、引きこもり生活を選ぶ人々が増えています。

職場でこんな事を言われたことはありませんか?
「『ムリ・ムダ・ムラ』をなくしましょう!」
ムリ・ムダ・ムラを無くせば、生産性が向上し企業の収益も増える。儲けが増えれば、設備投資を進めることが出来て更なる生産性の向上が実現できて更に儲けが増える。その儲けで設備投資を増やせて……という好循環が完成するという理屈です。
毎日のように唱えられる「常識」に、「設備投資の中に“人件費”も含まれていたら嬉しいんだけど、無理だろうな」と思いつつも、気が付けば私生活でも「ムリ・ムダ・ムラの排除」を励行してしまっていた。そんな現状現実を実感している人もいるはずです。

引きこもり生活の本質は、日常生活の「ムリ・ムダ・ムラ」を排除すること。これに尽きます。
例えば、この移動は本当に必要な物か。無くすことが出来たら、どれだけの時間と費用が削減できるのか。削減した時間を休息に充てたり、費用を資産作りの足しにしたりできないか。そのように、日常生活でも「何故?を五回繰り返して」本当に必要な物だけを優先して採り入れる。あなたにとって、本当に必要な「常識」探し求める行い。引きこもり生活は、そんな賢い暮らしを営む人々のPDCAサイクルの一部を構成する物です。

もう、やらなくてもいいこと(ムリ)や必要以上の質や量を求めること(ムダ)や周囲とのいたずらな同調(ムラ)はやめましょう。
あなたの必要な物は、既にあなたの部屋の中に備わっているのですから。

引きこもり生活が日常生活のムリ・ムダ・ムラを見つめ直し、消費効率の向上を目指した暮らしとして気付いた人達だけに見える「ビッグウェーブ」であることは間違いありません。

まとめてみました:新世代引きこもり 過去の概念を葬り去った最新型引きこもり生活者とは?